頭は「本の読み方」で磨かれる

DSCF6342.jpg
脳科学者の茂木健一郎さんのこの本、めちゃくちゃ面白かったです!

この世で一番脳に効くのは読書、とか。
どんな本でも読むのが楽しくなるコツがある、とか。
買っただけで頭脳はもう進化していて積ん読にも意味がある、とか。

紹介したいポイントはたくさんあるのだけど、
敢えてこのブログでは子育てに焦点をおくと、
オタクは大事にするのが良いようです。
(これは前に紹介した「脳はバカ、腸はかしこい」でも書かれていました)

茂木さんは子どもの頃、お小遣いを必死に貯めて
1万円もする本を注文するほどチョウがとにかく大好きだったのだそう。
そのうちにブルーバックスという一般向けの科学書シリーズを読むようになりました。
わかりやすく書かれた本だとはいえ、相対性理論や素粒子物理学、
宇宙論に生命の起源など小学校の算数や理科のカリキュラムとは
全く関係のないテーマの本に手を出すようになっていたわけです。
そのうちに、アインシュタインの伝記に出会って、
その科学者としてのあり方に惚れ込んで、自分も科学者になろうと決意したのだとか。

そんな茂木さん曰く、

世の中の物差しではかって頭がいい・悪い、勉強ができる・できないを判断しても、
長期的には意味がないことがたくさんある。
本当に大切なのは、ただ何かに熱中できるかどうかなのです。

楽しいことだと、人間はのめり込みます。
楽しいことなら、学ぶことは苦痛ではなくなるのです。

まわりから何と言われようと、それを絶対に止めないでください。

(一部抜粋: 頭は「本の読み方」で磨かれる / 茂木健一郎 三笠書房より)

なるほどな〜と思っていたところに、電車がいっぱい載った
小さな白黒の紙切れを持って「ママこれ貼って〜」と近づいてきた息子。
プラレールの木箱にセロテープで貼ってあげると
「きゃー♡かーわいーい♡♡」と歓喜のおたけび。
これがかわいく見えるのか!(笑)

何の役にも立たないと思っていたあなたのその鉄道オタクっぷりも
母大事にすることにするよ。

何であってもそれだけ情熱を傾けられるものがあるということは素晴らしい。
スポンサーサイト
プロフィール

utsugimaika

Author:utsugimaika
・ラジオDJ
・チャイルドボディセラピスト
・JICA中部なごや地球ひろば 
 オフィシャルサポーター
・Supporter's Support代表
・コップなごや水基金 コーデュネーター
・なんとかしなきゃ!プロジェクト メンバー
・フェアトレードタウンなごや推進委員
 
                  など

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク