もしも利休があなたを招いたら

IMG_1961.jpg
武者小路千家の家元後嗣、千宗屋の本を読みました。
もともと千利休や茶道に関する本は大好きでよく読んでいるのですが、
これは本当にわかりやすく、
かつ今の時代に必要なことがたくさん詰まっていて面白かったです。

例えば侘び茶の侘びはお詫びのこと。
このもてなしが自分にできる精一杯で
まだまだ足りない部分があることを申し訳なく思う気持ち。
そして、もう一つは人間は自然の犠牲をいただかなくては生きていけない、
ならばせめてその犠牲を必要最小限にとどめる工夫をしていくことが、
人間が自然に対してできるせめてものお詫びの形なんだ、という意味とか。

なぜ畳の縁を踏んではいけないと言われるのか、
これにもちゃんと意味があること。

何となく知ったつもりでいたようなことの色んな理由がわかり、
しっくりきました。

そして、茶道はやはり一つ一つの所作に意味があり、
美しさを極めていて、そこには歴史があり、
でも日常の中に入れられるものであり、なんて魅力に溢れる世界なんだろう、と。

子育てが落ち着いたらまたお稽古再開したいなと思っていたけれど、
この本を読んでそんな形式にこだわらず、
しまいこんでいる茶碗や茶筅をすぐ出るところへ置いておいて、
形式にとらわれず日常的にお茶を楽しむのも良いなと思いました。
粉にお湯を加えて飲むお抹茶はいってみればインスタントなんですよね。

お茶に興味がない人でも、
禅の精神から正しい歩き方まで勉強になることが多く、
楽しく読めると思います!
スポンサーサイト
プロフィール

utsugimaika

Author:utsugimaika
・ラジオDJ
・チャイルドボディセラピスト
・JICA中部なごや地球ひろば 
 オフィシャルサポーター
・Supporter's Support代表
・コップなごや水基金 コーデュネーター
・なんとかしなきゃ!プロジェクト メンバー
・フェアトレードタウンなごや推進委員
 
                  など

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク