いつかしたい旅

DSC_0191_20150228122731926.jpg
ボリビア帰りのイレーネがおみやげにウユニ塩湖の塩をくれた。

うれしいな。

これを眺めているだけで、ここではないどこかで
今日も鏡のように空を映してる湖があるということを
思うだけで幸せな気持ちになる。

大好きな写真家の星野道夫の言葉を思い出す。

「人間にとって、きっとふたつの大切な自然があるのだろう。
ひとつは、日々の暮らしの中で関わる身近な自然である。
それは道ばたの草花であったり、近くの川の流れであったりする。
そしてもうひとつは、日々の暮らしと関わらない遥か遠い自然である。
そこに行く必要はない。が、そこに在ると思えるだけで
心が豊かになる自然である。
それは僕たちに想像力という豊かさを与えてくれるからだと思う」


-Mihio's Northern Dreams 3 最後の楽園より-

20代の頃、何十回と読んできたこの本を
久しぶりに開いて、親になった今だからこそ響く言葉が
いっぱい詰まっていたことにびっくりした。

いつかアラスカの彼の見た世界を
きっと私よりずっと背が高くなった相棒と見に行きたい。
スポンサーサイト
プロフィール

utsugimaika

Author:utsugimaika
・ラジオDJ
・チャイルドボディセラピスト
・JICA中部なごや地球ひろば 
 オフィシャルサポーター
・Supporter's Support代表
・コップなごや水基金 コーデュネーター
・なんとかしなきゃ!プロジェクト メンバー
・フェアトレードタウンなごや推進委員
 
                  など

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク