渡波小学校 3

miyagi (28)
廊下を歩いていると「ブティック」を発見!
商品は全品無料。全国から送られた服を自由に持って帰れるブティックです。

ただ段ボールから取っていくのではなく、
こんな風にブティックと名前をつける細やかさが素敵ですね。

miyagi (29)
「最初は段ボールから取っていたんですけど、
そうするとどれが女性物か男性物か、
子供服はどこにあるのか全くわからないし、
次々に開けて行こうっていう気にならない。
だから、ハンガーにかけることにしたんです。

でも、ハンガーやハンガーラックを送ってという訳にもいかなくて・・。
すごく助かったのが、アマゾンのほしいものリストでした。」

アマゾンのほしい物リストというのは
避難所や復興地の人が今欲しいものを選んで掲載しておいて、
それを見た全国の人が代わりに購入するというもの。

「誰が買ってくれたというのがわかるので、
お礼状も書かせていただきました。
こういう顔が見える支援で、尚且つニーズに合ったものっていいですよね」
と菅野さん。

本当に現地の役に立つ支援というのは実はとても難しい。
100人いる避難所に80食送ったとしても、
20人はもらえない、それでは公平にできないということで配れないんですよね。
そんな中でこの仕組みはニーズにとても合っていますよね。
周りの方にもぜひ教えてあげてください!

miyagi (30)
保健室。

miyagi (31)
掲示板。

miyagi (32)
避難所本部。

どの避難所にも本部というものがあります。
学校で授業をしながら、一部が避難所になっているところでは
先生たちがやっている場合もあるのですが、
渡波小学校は石巻市の方、他県の職員(一週間交替で)、
避難住民の代表で組織されているのだそうです。

そして避難所には自治組織がきちんとできていて、
本部の下には各階リーダーがいて、その下には班がある。
班長会議では問題点を話し合い、自分たちで解決できないと市へ相談をする。
という見事なシステムが出来上がっているのです。

「すごいですね」と驚いていると、菅野さんからは
「自治組織が自分たちで早い段階でできていないと
みんなが不幸になっていってしまうんです。
これができていると、あとは機能していけば
自分たちでまわしていけるので」と返ってきました。

こういった仕組み作りにもやはり、
協力隊時代の村落開発をのしくみ作りのノウハウがいきています。

miyagi (45)
そんな本部では、名古屋から来たと言うと
「愛知県の方には随分助けていただきました」
という言葉が真っ先に返ってきました。

ここで活動している青年協力隊のOB,OGも
愛知県を中心とした東海地区出身。(菅野さんは静岡ご出身!)

そして、愛知ボランティアセンターのバスも
毎週ここに来ていたのだといいます。
愛知ボランティアセンターはあれだけの大人数で来るのに
統率がとれててすごいんですよ」と笑顔で語ってくださいました。

「わたしたち愛知県の人大好きですから!」と、
その言葉がとてもうれしかったです。
それも、全てここで活動された方が作ってきた絆なんですよね。

miyagi (42)
2階・3階が寝泊まりできるようになっているのだけど、
最初はここも土足だった中、「衛生のために上の階は土禁にしましょう」と
提案した菅野さん。でも最初はそんなの大変だし、と反対にあっていたのだそう。

それでも、「病気になってからでは遅いんです!」と説得し、
愛知ボランティアセンターの人たちと学校の下駄箱を運び、
大掃除をして土禁を実現したそうです。

「次にどうやれば改善されるか、
先手先手で解決していくことが大切なんですよね」
菅野さんのその言葉は実際に
その経験をしてきた人だからこその言葉でした。

miyagi (41)
倉庫も見せてもらいました。
スーパーの倉庫のようにしようと、
物資たちは整然と並べられていました。

分野別に、出やすいものは手前に。
これによって見れば何がどこにあるのか一目でわかります。

そうすることによって、何が消費しやすいのかがわかるので、
それだけ補充すれば良く、余計なものを受け入れずに済むのだそうです。

miyagi (46)
外にあった、テーブルはよく見るととてもオシャレ!
「素敵ですね~」と声をかけると、
「実は津波で材木屋さんから良い木が流れてきていて、
それを山形の職人さんたちがテーブルに仕立ててくれたんです」

ここにあるものは一つひとつ、
いろんな人の思いや手間が入っていて、
少し声をかけるとどれにもストーリーがあるのでした。
スポンサーサイト
プロフィール

utsugimaika

Author:utsugimaika
・ラジオDJ
・チャイルドボディセラピスト
・JICA中部なごや地球ひろば 
 オフィシャルサポーター
・Supporter's Support代表
・コップなごや水基金 コーデュネーター
・なんとかしなきゃ!プロジェクト メンバー
・フェアトレードタウンなごや推進委員
 
                  など

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク