世界の果ての通学路

IMG_8906.jpg
先週番組でご紹介した映画「世界の果ての通学路」
とっても素敵な映画でした!

ケニアのジャクソンは学校まで片道15キロの道のりを
2時間かけて歩いて通う。
途中で象に教われる危険があるので、
行く前には家族で無事に学校へたどり着けるよう祈りを捧げる。

アルゼンチンのカルロス11歳は18キロを妹を後ろに乗せて馬で通う。
前に乗りたいという妹に「お母さんに怒られるからダメ」言いながらも
こっそりと乗せてあげるやさしいお兄ちゃん。

モロッコのザヒラ12歳は22キロの道のりを4時間かけて通う。
途中で足を痛めた友人を助けながら。

インドのサミュエル13歳は足に障害があって車いすのお兄ちゃん。
弟達はでこぼこ道を4キロ1時間15分かけて押して歩く。
途中で川に落ちてしまったりしながら。

子ども達の通学路はそれだけで大冒険。
ナレーションが全然なく、ただ子ども達の会話だけで進んでいくのだけど
ものすごいドラマがそこにはある。

ここに出てくる子ども達はみんなとてもたくましい。
11歳で生きる術をちゃんと知ってる。

こんな風に育って欲しいと思う。
子育て中のママはきっと視点が大きく広がる、そんな映画でした。

そしてフランスの映画で全体としてとってもオシャレなつくりなのもまた魅力です。
名演小劇場で公開中なのでぜひ♡
スポンサーサイト
プロフィール

utsugimaika

Author:utsugimaika
・ラジオDJ
・チャイルドボディセラピスト
・JICA中部なごや地球ひろば 
 オフィシャルサポーター
・Supporter's Support代表
・コップなごや水基金 コーデュネーター
・なんとかしなきゃ!プロジェクト メンバー
・フェアトレードタウンなごや推進委員
 
                  など

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク