お風呂の会話

IMG_8890.jpg
今日、息子の夜泣きとミルクを飲まないのを考えて、
毎年させてもらってるイベントの司会の時間を短くしてもらうメールをし、
サポーターズのミーティングの欠席の連絡を入れながら、ふと
「あぁ、この子はもしかしたら、私に全力で仕事に戻らせないように
夜泣きをしたりミルクを飲まなかったりしてるのかもしれない」と思った。

本当にその2つが無ければ、わたしはきっともっと仕事をしてたし、
正直、育児をなめてたと思う。
それが、いくら本を読んで試しても、良いとされることをしてみても
治らない夜泣きに、育児って全然自分の思い通りになんかいかなくて
教科書通りにもいかないものなんだって気付くことができた。

今日はじめて私にはこの2つは必要な良い薬だったように思えた。

夜、お風呂に入りながら息子にちゃんと話した。
「ねぇ、ちゃんと聞いてね。最近すっごく夜起きるじゃない?
それってママにお仕事ばっかりしないでって起きてたのかなって今日思ったの。
それでね、今日一つお仕事減らしたんだ。
もう大丈夫だよ。ママちゃんとわかったし、一緒にいるからさ。ゆっくり寝て良いよ。」

いつもと違う顔つきでじーっとこっちを見る息子。
ちゃんと伝わってる。

そして、こないだ友人が
「赤ちゃんってさ、自分ができないっていう
自己嫌悪に陥って泣いてたりもするらしいよ」って言ってたのも思い出し、

「あとさ、もし夜、起きちゃうこと気にしてたら、全然気にしなくて良いよ。
起きたいだけ起きな。ママいくらでも一緒に起きてあげるから。
大人だって眠れない人なんていっぱいいるんだから、赤ちゃんなんて当たり前だよ。
良いの、良いの。好きなようにしていいんだからね。とことん付き合うからさ」
とも、付け加えた。

すると、急に顔を私にすりすりこすりつけながら甘えてきた。
そのままぎゅーっと抱っこして、
「あとさミルク、パパからしか飲まないじゃん?」

突然、顔あげて
「うん」
え・・返事した!

「そうだよね。すっごく心許した人からしか飲まないもんね。
ママ知ってるんだ〜。そういうとこ、本当ママに似てる。
ママもそうだもん。みんなにいい顔するけど、
本当に心許せる人は限られてるよね。それでいいんだよ。
飲みたいと思う時に、飲めばいいからね。

無理しなくていいから。好きなように生きなさい。
ママとパパはそれをさせてあげるためにいるんだから。
自分の思うように、思いっきり好きなように生きるんだよ。」

そこまで言うとちょっとぐずりだしたので10数えて上がり、
おっぱいをあげて寝かせたら、すーっと眠りに入っていった。
両手万歳の新生児の時と同じポーズで。

今日もまたいつもと同じようにたくさん起きるかもしれない。
もしかしたら、あんまり起きないかもしれない。
でも、もうどっちでも良いと思った。

新米ママは本当に手探り。
こんな風に、一つひとつ何かが起きてとっても考えて
ようやく一歩進める感じ。
でもそれこそがすごく楽しいんだって気付いた。
スポンサーサイト
プロフィール

utsugimaika

Author:utsugimaika
・ラジオDJ
・チャイルドボディセラピスト
・JICA中部なごや地球ひろば 
 オフィシャルサポーター
・Supporter's Support代表
・コップなごや水基金 コーデュネーター
・なんとかしなきゃ!プロジェクト メンバー
・フェアトレードタウンなごや推進委員
 
                  など

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク