FC2ブログ

一期一笑 無事終了

DSCF5623.jpg
昨日と今日の2日間にわたって行った
サポーターズサポートのイベントも無事終わりました。
来てくださった方、本当にありがとうございました。

私自身は、今年は2日目の昼の回のみの参加となりました。

DSCF5622.jpg
去年お話をしてくださった阿部さんに
石巻から送って頂いたお酒やお菓子でお・も・て・な・し。

998805_620583484672699_79265823_n.jpg
産後初イベントということで久しぶりにマイクをにぎりました。
写真わかりづらいですが、抱っこ紐で息子だっこしながら喋ってます。
ママになって改めて、名古屋から支援をし続けられるこの場所を作っていて
本当に良かったと思うようになりました。

最初は3人で始めたこの団体も、どんどん色んな人が関わってくれるようになり、
今では大学生から、50代のパパまで幅広い層、
様々な職種の人が一緒に活動をしてくれています。
大好きな仲間たち。

DSCF5630.jpg
2日目、今日はロクディムの即興劇とのコラボ。
会場は一気に爆笑の渦へ。
全てアドリブであれだけの笑いを作れるのって本当にすごいです。

DSCF5638.jpg
後半はキャンナス東北・石巻事務所の山田葉子さんによるトークショー。
今回はたっぷり防災のお話をして頂きました。

私も何年も前から非常袋は用意してるけど、今回の話は目から鱗のことばかり。
重装備であれもこれもと心配しすぎて続かないのではなく、
例えば、下着の着替えがあったら安心するな、一つ入れとこう。
歯を磨けないと気持ち悪いよな、ガムを一つ入れとこう。
そうやって準備していくんですね。

そして、地震や津波の対策として家が無くなることは想定しても、
家は大丈夫だけど水が出ないという状況を想定して準備してる人は
どれくらいいますか?という問いにはハッとしました。

水が出ないということはトイレが使えなくなるので、
簡易トイレを用意したり、お風呂場をトイレとして使う想定をしておく。
お風呂場にペットシートを敷いて、バケツを置き、
大人用の尿漏れパッドを用意しておく。
それだけでそこはトイレになる。

お風呂だと水が出るようになったら熱いお湯で洗い流せるから。
平常時に戻った時に、すぐにキレイに元に戻せるというのも
大切なのだということでした。

また詳細は後日サポーターズのブログにアップさせて頂くので
ぜひ読んでみてくださいね。

DSCF5633.jpg
そして、帰りに個人的に子どものいる家庭での備えは?と伺ったところ
オムツやミルクはもちろんのこと、
タオルと、あと電気を使わなくてもすぐにお湯にできるのが
今は売ってるからそれを用意しとくといい。
そして、月齢に合わせたお菓子やレトルト食品は置いておくこと。
ということでした。

うちも、息子が生まれてすぐに非常袋の中に
息子のグッズも準備したのですが、お湯を作れるアイテムというのは
知らなかった・・。たぶんコレのことかな?
しっかり準備しておこうと思います。

??-36

息子はというと、準備中寝てて、始まる直前に起きてしまったので
「今からイベントが始まるの。ママがずっと準備してきたイベントだよ。
ママ喋ってる間、いい子にしててくれる?」とちゃんと話すと
また目を閉じて私が喋り終わるまで静かにしててくれました。

その後は、他のスタッフが抱っこしてくれたり、
お客さんとして来てくれてた友人たちが抱っこしてくれたり。
結局イベント中、一度も泣く事はありませんでした。

こんなに小さいのにちゃんと協力してくれたんだなぁ。
帰ったら、しつこいと言われるくらい、むちゃくちゃ褒めてあげました(笑)

そして私だけじゃなく、みんなが一緒に育ててくれてるこの環境に感謝。
いろんな人にいろんな影響を与えてもらえて、
こんなにたくさんの人に愛してもらってる息子は幸せものです♡
スポンサーサイト



プロフィール

utsugimaika

Author:utsugimaika
・ラジオDJ
・チャイルドボディセラピスト
・JICA中部なごや地球ひろば 
 オフィシャルサポーター
・Supporter's Support代表
・コップなごや水基金 コーデュネーター
・なんとかしなきゃ!プロジェクト メンバー
・フェアトレードタウンなごや推進委員
 
                  など

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク