ライブに行きたくて

DSC_0263_2013110721345694a.jpg

昨日はずっと前からすごく行きたかったブルキナファソのライブ。
8人もバラフォン奏者が来日して伝統音楽を奏でる夜。
絶対にめちゃくちゃ素敵なことはわかっていて、
出産前は何が何でも行く!と思っていたけど、
産後息子を目の前にするとやっぱり気持ちは変わるものでずっと迷ってた。

元々、小さいうちからライブには連れて行こうと思っていたけれど、
さすがにまだ一ヶ月半。
0歳から122歳まで全ての人が入場可能ですとは書いてあるけれど、
夜はやっぱり疲れるよね。。
と、本物に触れさせてあげたいという思いと
疲れたらかわいそうという思いが自分の中でバトル。

絶対わからないだろうけど、試しに息子にちゃんと説明して
(ブルキナファソがアフリカの国だということも)、
「今日の夜、ブルキナファソのライブ行きたい?」って聞いてみたら
予想外に顔を真っ赤にしてキーって怒ってきた。

びっくりして、もう一度
「えっ、今日の夜はライブに行きたくないの?」って聞いたら
またキーっと怒る。

それで「そっか。あなたはパパとママとゆっくりお家にいたかったんだね」
と言うと、ニコニコ笑ってみせた。
信じられない。

たまたまなんだろうけど、さすがにそれで踏ん切りがついた。
そこまでされて行けないよね(笑)

結局、息子はいつも通り20時にこてっと寝てしまい、
わたしと夫は三谷幸喜のザ・マジックアワーを見て笑いころげる夜になった。
きっとライブはすごく素敵だったろうけど、
こんな夜も幸せだって思えた。

息子に教えられることばかり。
一歩一歩、子どもが親にしてくれてるのかもしれないな。

スポンサーサイト
プロフィール

utsugimaika

Author:utsugimaika
・ラジオDJ
・チャイルドボディセラピスト
・JICA中部なごや地球ひろば 
 オフィシャルサポーター
・Supporter's Support代表
・コップなごや水基金 コーデュネーター
・なんとかしなきゃ!プロジェクト メンバー
・フェアトレードタウンなごや推進委員
 
                  など

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク