フライト

106.jpg

先日アカデミー賞でも主演男優賞と脚本賞に
ノミネートされている「フライト」を試写会で見てきました。
もう一度見たいと思うとってもオススメの映画です。

デンゼル・ワシントンがアルコール中毒と戦うパイロットを演じているのだけど、
今しらふなのか、そうでないのか、アルコールがなく不安なのか、大丈夫なのか
どんな状態なのかが台詞を発しなくても一目でわかってしまう。すごい。
何度も別人格になるので、一人で何役もこなしているよう。
そして一瞬にしてそのシーンの空気を変えてしまう。

それから、撮り方や音の使い方も素晴らしかった。
ふと見上げた空に飛行機が通っていったり、
お酒の瓶一本を音も無くアップで映している風景だけのシーンなのに、
どんなサスペンスよりハラハラしてしまう。
そして、音がないところに、最初に入れる音の効果の大きさに驚く。

今、彼はどんな気持ちなのか。
彼が見るもの、周りにあるものだけを映すことで、一気に想像の幅が広がる。

幸せの隠れ場所を見た後のような気持ち。
(あの映画もサンドラ・ブロックは主演女優賞を受賞しましたね)
DVDで買って、何度も見返したくなるような素敵な映画でした。
スポンサーサイト
プロフィール

utsugimaika

Author:utsugimaika
・ラジオDJ
・チャイルドボディセラピスト
・JICA中部なごや地球ひろば 
 オフィシャルサポーター
・Supporter's Support代表
・コップなごや水基金 コーデュネーター
・なんとかしなきゃ!プロジェクト メンバー
・フェアトレードタウンなごや推進委員
 
                  など

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク