5Sプロジェクト

結局8時間かけてダカールのホテルにたどり着き、
お医者さんにホテルまで来てもらい、注射を打ってもらって
何とか落ち着いた。

そこから後半の日程はひたすらホテルのベッドの中・・。
何をしに行ったのだか・・。本当に申し訳ない。

でも、胃腸炎になってから私の中のテーマは完全に「医療」になった。
あの状態で、近くに病院がなく、歩いて行けと言われたら?
病院に着いても長時間待たされて全然診療してもらえなかったら?
もらった薬の期限が切れていて効かなかったら?

ありえない。辛すぎる。
けれど、それは実際にありうることだった。

そこで、セネガルで行われている医療関係のプロジェクトについて
私は調べることにした。(ホテルの中で、電話取材を敢行)

受付
まずは「5Sプロジェクト」という
ティエスの病院で取り入れられているプロジェクトのお話。

5SというのはSから始まる5つのワード。
「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」
お金をかけて大きな医療機器を買うというのではなく
この5つを取り入れることによって、医療の現場を改善しようというもの。

薬品棚の整頓
まず「整理」これは「いらないものを捨てる。
何となくとってあるような書類や機械も整理する。」ということ。

以前の病院は「もったいないから」と期限の切れた古い薬も捨てずに置いてあった。
けれど、それは置いておいても効かないし、意味がない。
というわけで、まずは必要なものだけを残すようにする。

カルテの整頓
そして、次に「整頓」。「残ったものをきれいに並べる」。
これまではぐちゃぐちゃに置いてあったカルテ。
以前はその中から、毎回患者さんのを探すので診察までに時間がかかって仕方なかった。
これをちゃんと前回いつ来たのか。によって分け、
整頓することで待合時間は大幅に短縮され患者さんはとても喜んでいるとか。

そして、残した薬にもちゃんとラベルを貼って、棚に管理。
そうすることで、どれくらいのこっていて、いつ補充するのかが一目でわかり、
薬を切らすこともなくなったそう。

電気ゴミ箱の表示
そして病院を「清掃」して綺麗にする。
入った瞬間、異臭がするような不衛生な病院もあるらしいのだけど、
そんなところで看てもらうなんてぞっとする・・。

そして、その「清掃」した後の状態をキープ、常に「清潔」にしておく。

5S委員会メンバー
最後は「しつけ」ここまでに出てきた4つのSをいつも継続してやること。
きちんとルールを作って、新しく入った人も実践できるようにしておく。

手作りのファイルボックスで整頓
この5つのSを取り入れることで、お金をかけずにこの病院の状態は劇的に改善された。
日本では当たり前にやっていることだけど、こういう小さなことが
いかに全体のクオリティを作っているのかを知る。

ちなみにこの5Sというのは元々トヨタがやっていた、
いかに効率よく生産性をあげるかというプロジェクトを応用したものらしい。

鍵の整頓
医療現場の人たちは患者さんを助けたいという思いで来ていても、
物が無くて思うように診療できなかったり、
お給料が全然あがらなかったり。
そんな中で他の方法でモチベーションをあげたのがこのプロジェクトだった。

これが入ることによって患者さんたちの満足度はもちろんのこと
現場のスタッフたちも活き活き働くようになった。
自分たちの環境もぐっと働きやすくなったのだ。

手作りのファイルボックスで整頓2
手作りのファイルを作って、書類を整理したり。
みんな「5S」「5S」と言って、このプロジェクトが来てからの
変化についてとても嬉しそうに語ってくれた。

お金をたくさん使ったり、機械に投資するのではなくて、
「人に力をつける」JICAらしいこんなサポートのあり方が私はとても好きだ。
スポンサーサイト
プロフィール

utsugimaika

Author:utsugimaika
・ラジオDJ
・チャイルドボディセラピスト
・JICA中部なごや地球ひろば 
 オフィシャルサポーター
・Supporter's Support代表
・コップなごや水基金 コーデュネーター
・なんとかしなきゃ!プロジェクト メンバー
・フェアトレードタウンなごや推進委員
 
                  など

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク