渡名喜島 島の宿

DSC_0094_20120116213940.jpg
渡名喜島へ行こうと決めたのは旅行会社に勤める友人の一言がきっかけだった。

「私もまだ行ったことないんだけど、いつか行きたい島があるの。
 教えよっか?
 渡名喜島っていうんだけどね。
 昔ながらの集落が残ってて、その中にある赤瓦の家を一棟借りて泊まれるの。」

その話を聞いたときから、宿だけは決まってた。

DSC_0079.jpg
民宿ふくぎ屋。
古い民家を改装して民宿価格で泊まれるようになっている。

しかも、まとまって何棟もあるわけではなく、
集落の中にぽつんぽつんとあるので隣の家は普通に島の人。
まさに住んでいるような感覚になれるのだ。

DSC_0354.jpg
こちらが我が家。

DSC_0348.jpg
トイレやお風呂は別棟にある。

DSC_0349.jpg
我が家の庭の自慢の木。
きっと私はこの木をとても大事にしただろう。

ほんの少しだけ違う人生を生きてみる。
そんな旅。

DSC_0062.jpg
お昼は島の食堂へ食べにいった。
見えにくいけど、奥のお刺身はシビマグロ。
すごい肉厚。豪快でおいしかった。

DSC_0058.jpg
食堂の壁には島の子供たちの写真がたくさん貼ってあった。
この島は、みんながひとつの家族なんだ。
スポンサーサイト
プロフィール

utsugimaika

Author:utsugimaika
・ラジオDJ
・チャイルドボディセラピスト
・JICA中部なごや地球ひろば 
 オフィシャルサポーター
・Supporter's Support代表
・コップなごや水基金 コーデュネーター
・なんとかしなきゃ!プロジェクト メンバー
・フェアトレードタウンなごや推進委員
 
                  など

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク