我が家の避難訓練

6年目の3月10日。
朝3時に起きて局へ向かう前に
復興支援で知り合った東北の仲間に
「今年もしっかりあなたの言葉をラジオで伝えてくるから!」と
メールをしました。

3月10日は私にとって新しくできた仲間のことを想う日。
その言葉に耳を傾ける日です。

IMG_8514.jpg
家に帰ってから我が家も非常袋を見直していると
横で見ていた息子が
「ママー、揺れたら先生たちが銀色のリュック肩にかけて
子供達に靴を配って、ヘルメットかぶって、
ハツカダイコンのお隣に座るんだよ」と、言い出して
保育園で毎月やっている避難訓練見事だな、と思いました。

釜石の奇跡もそうですが、
子供達への防災教育、本当に必要だと思います。
子供達は想像以上によくわかってる。
そして彼らには思っている以上に生きる力、考える力がちゃんとある。

IMG_8516_2017031416254519a.jpg
これを機に息子用の非常袋も作りました。
「これも入れるー!」と持ってきたのはシロクマのシール
・・「えー。それは入れなくていいんじゃない?」と思ったけど、
もしもの時に避難所でこのリュックを開いた時に
このシールをきっかけに今日のことを思い出すことができるような気がして。
ちょっと明るい気持ちになるような気がして。
仲間に加えてあげました。

お気に入りのカーズの小銭入れには少しお金を入れて、
名前と連絡先も明記。

その後、家でも揺れた時のシュミレーション。
テーブルの下にもぐって、頭を守って、
揺れが止まったらドアを開けて・・

もしもの時に動ける自分であるように。
誰かを守れる自分であるように。
改めて、しっかりと。
スポンサーサイト
プロフィール

utsugimaika

Author:utsugimaika
・ラジオDJ
・チャイルドボディセラピスト
・JICA中部なごや地球ひろば 
 オフィシャルサポーター
・Supporter's Support代表
・コップなごや水基金 コーデュネーター
・なんとかしなきゃ!プロジェクト メンバー
・フェアトレードタウンなごや推進委員
 
                  など

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク