熊本はじめ九州地方で被災された方々に
心よりお見舞い申し上げます。

DSC_0010_2016041909322279d.jpg
我が家は夫のおじいちゃん、おばあちゃん始め
夫方の親戚はみんな熊本に住んでいて、
いとこはまさに益城町に住んでいました。
最初のニュースが入り連絡がつくまでの間はずっと泣きそうで、
わたし自身も心配な時間を過ごしていました。

その後、避難所へ避難したり、車中泊になったり
他の親戚のところへ身を寄せたり、
みんなそれぞれ大変な日々が続いているようです。

また熊本市に住んでいる友人のところは娘と一ヶ月違いの生まれたばかりの
赤ちゃんもいて、上にお兄ちゃん2人もいて、
3人の子どもを守りながら避難するのは本当に大変だったと言っていました。
今もガスが通っていないので水風呂に入っているそうです。

想像するだけで心が苦しくなります。
今だって家で2人の子どもを寝かしつけるのはとても大変。
それが避難所へ行って寝かしつけとなると、
赤ちゃんが泣くと外に出るだろうし、かと言って息子を置いてはいけないし。
2人連れて外では眠れないだろうし。

オムツのSが足りないというのを報道で見たけれど、
今ちょうどSサイズの娘は排便、排尿の回数が多く
少し長い時間替えないとあっという間に漏れて服が濡れてしまうので
これを替えられないとなると途方に暮れる気持ちが本当によくわかる。

母子に関する支援を行ってる方の記事見つけたので
少しシェアしておきます。
コチラ

私が代表をやっているサポーターズサポートでも
毎日のようにLINEでどう動くかというミーティングが行われているけれど、
なかなか意見もまとまらず。
それでも近々、募金活動はする予定なのでまた告知させてください。
今回のサポート先は前回イベントにも講演者としてお越し頂いた
山田葉子さん所属するキャンナスへお送りする予定です。

キャンナスでは現在、現地でこんな活動をされています。
コチラ

また山田葉子さんのFacebookも情報が多く載ってますので
良かったら読んでみてください。
コチラ

DSCF6945.jpg
大好きな人がたくさんいるあの場所に
どうか一日も早く、日常が戻りますように。
スポンサーサイト
プロフィール

utsugimaika

Author:utsugimaika
・ラジオDJ
・チャイルドボディセラピスト
・JICA中部なごや地球ひろば 
 オフィシャルサポーター
・Supporter's Support代表
・コップなごや水基金 コーデュネーター
・なんとかしなきゃ!プロジェクト メンバー
・フェアトレードタウンなごや推進委員
 
                  など

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク