最近のお気に入り

IMG_5461.jpg
いつか絶対に行きたいと思っている
アフリカの西に浮かぶ島国「カーボヴェルデ」。

ここの音楽が大好きで、アフリカの音楽にハマったきっかけも
この国のアーティストの曲たちと出会ったことが始まりだった。

そんなカーボヴェルデのアーティストのナンシー・ヴィエイラのアルバムが
今月リリースになっていて、最近はずっとハードリピート。

どこか物悲しくて、だけど夏の夜に妖艶に響くようなこの独特の温度感が大好き。
ワインとチーズとこんな音楽があれば、いつだって旅の気分を味わえるような気がする。

IMG_5462.jpg
そして、もう一枚最近のお気に入りはシオラレオネのアーティスト
アブドゥル・ティー・ジェイの「パームワイン・ア・ゴー・ゴー」。

シオラレオネの音楽はあまり知らなかったのだけど、
パームワインという椰子の木の樹液を発酵させたお酒を作る時や
それを口にする時に、この国の人たちは当然のように歌を歌っていた。
それを「パーム・ワイン・ミュージック」と言うのだという。

そんな言葉は初めて聞いたはずなのに、音は何だか馴染みがある。
あー、これこれ!と思わせてくれる、アフリカの心地よいリズム。
アフリカの風や土の風をふわっと運んでくれる音。
いわゆる「エスニック」という土臭い感じではなくて、
もっと軽いオシャレなアフリカ。

日中はアブドゥル、日が暮れてきたらナンシーという流れが
この夏の定番コース。
スポンサーサイト

利休にたずねよ

12月から公開になる映画「利休にたずねよ」を
試写会で一足早く見てきました。

??-36
もともと原作の大ファンで、読み終えた後は、
利休関係の本を買いあさり茶道具を買いそろえたほど。

映画も原作同様、1シーン1シーンがとても美しかった。
花一輪にも、料理ひとつにも、所作や佇まいにも風情があった。


そんなすべてが美しいこの映画の中で、
私がひときわ美しさを感じたのは市川團十郎さんだった。
圧倒的な存在感。

生きてきた重みというか、重ねてきた深みみたいなのが、
声にも所作ひとつにも滲み出てる気がした。
そう、それは作ろうとして作られるものではなくて、
あくまで「滲み出てくる」もの。

ただ座っているだけで、そこには誰にも真似できない「すごみ」があった。

「利休にたずねよ」の利休像は海老蔵さんがやはりイメージぴったりだけど、
本当に利休の晩年というのはこんな感じだったんじゃないかな、と
團十郎さんを見ていて思った。

他にもお道具は全て本物など見どころ満載です。
長次郎の黒楽は3億円もする100年もお湯を淹れてなかったものを
今回撮影で100年ぶりにお湯を淹れて使ったのだそう。

大分先ですが、12月7日〜ロードショー。
この冬、ぜひ。

foodpic3749895_20130728223359.jpg
こちらは我が家の食卓。
映画を見た後には食べることも美しくありたいと
いつもはそのまま出す春巻きもちょっと切ってみたり。

foodpic3779873.jpg
週末にはレアチーズケーキも作りました。
生のブルーベリーを売っていたので、みかんと合わせてちょっと夏っぽく。

久しぶりに「茶の本(岡倉天心)」が読みたい気分。
こちらも人生のバイブルです。
美しく生きたい、改めてそんなことを思う夏の夜。

2次会

4
2次会はアフリカンテイスト満載!
(写真の人形は太田さんがケーキに仕込んでくれてたもの、笑)

2 3

3
こちらもケーキはブールヴァールデガトーの太田シェフ特製です!
ゲストはZIPのスタッフやレコード会社さん・・と、音楽関係の方が多かったので
実はケーキの上の段はピアノの形になっています。

923082_270880479720121_1561686396_n.jpg
ainoonpsのライブやお楽しみ抽選会の後はアフリカンライブ!

970722_894378100702569_1302672835_n.jpg

063.jpg

969054_894377597369286_2123603266_n.jpg

182950_894378597369186_873235528_n.jpg
アフリカではみんなで踊ってお祝いをするので
これを絶対に入れたかったのだけど、みんなこんなの初めて!と
喜んで踊ってくれたので嬉しかった!
こんな演出入れてみたいという方はコチラへどうぞ♡

15
最後のあいさつは何だか記者会見みたいになりました(笑)

DSC03497-thumb-400x266-1099.jpg
ちなみに2次会ではダンスの前に友人が作ってくれた花冠をセット。
HASUNAのルワンダウーマンというイヤリングをつけました。

結局、朝から2次会まで同じ一着のウェディングドレスだったんですが、
リボンを腰に巻いたり、ヘアアクセを変えたり、ブーケを変えたりを沢山したので
お色直しをしたみたいに全然違う印象になりました!

19   049_20130720002020.jpg
(挙式&披露宴)

o0480048012557000608.jpg ??-45
(2次会スタイル)

ドレスはマリアフェリア
留学していたイギリスのもので
胸元にビーズの手刺繍が入っていたのが気に入って、即決でした。

ヘアメイクはいつもお世話になっているnatura.3.naturataのfumiさん
この人のセンス無しでは成り立ちませんでした。
2次会で最初につけたヘアアクセはfumiさんの手作り!

16
最後にわたしが結婚式の準備の時によく見ていたサイトたちをご紹介。

http://www.rustlondon.com/p/our-wedding.html

http://www.weddingchicks.com

これから結婚式の方は素敵な式になりますように☆
準備がんばってくださいね!

披露宴

427119_423617914415939_2134268661_n.jpg
続けて、披露宴の内容を!
席次表の中に入れるプロフィールは自分たちで手作り。
あいさつや、プロフィールに加えて、All need is LOVEの歌詞や
一緒に結婚式を作るのを手伝ってくれた人たちの紹介も入れました。

971946_894376087369437_1586152109_n.jpg
一人ひとりのテーブルには葉っぱにthank youの文字を書いてスタンバイ。

575426_478843825526810_1494880615_n.jpg
司会は大親友のラジオDJ、ULEE。

292405_638979252798183_1769732195_n.jpg
the Park Banquetではスターターをそのカップルに合わせて
オリジナルで作ってくれるのですが、
私たちは「森の小さな結婚式サラダ」にしてもらいました。
シェフとの打合せも本当に楽しかった!

971254_478847308859795_1629487560_n.jpg
そしてどのお料理もおいしい!!

9893_894376164036096_1091878372_n.jpg
ケーキカットでは、私たちを引き合わせてくれた
大切な友人へサンクスバイトを。

DSCF4878.jpg
ケーキはブールヴァールデガトーの太田さん作!
私の好きなフルーツケーキの上に、
夫の好きなチョコケーキを乗せてもらいました。

946892_894376277369418_639213842_n.jpg
余興はサポーターズサポートのメンバーによる独身卒業証書授与式。

1190_894376367369409_1512024873_n.jpg

600526_894376470702732_876152494_n.jpg
東京の仲間WEBALEのメンバーによる
「小さな恋のうた/MONGOL800」のライブ。
夢ならばさめないで〜 のところで
本当にその通りだなって涙がほろり。

574692_894376754036037_2064557347_n.jpg
そしてainnonpsとニュースアナウンサーの松本さんによる
白いうさぎと黒いうさぎの絵本読聞かせ&ライブ!

973703_10201272109471516_1907447494_n.jpg
それからアンジェラアキさんからビデオレターも送って頂きました!

結婚式ってみんなと話す時間がないことが多いので
お色直しはせずに、後半はフォトサービスの後、
各テーブルに入って、一緒に会話を楽しむというゆるーいスタイルに。
久しぶりの友だちともちゃんと話せてよかったです。

会場装飾2

1
会場はプーコニュさんのお花をふんだんに入れてもらいました。

私からのお願いは
「扉を開けた瞬間、わー!すごい!って思うくらい
ガラッと違う世界にしたいんです。
森の中のウェディングのような。
海外のガーデンウェディングのような。」

そんな無茶ぶりを見事に叶えてくれました!
天井からは、お花のボールとレースのタープ。

IMGP1062.jpg

IMGP1010.jpg

IMGP1026.jpg
柱にもツタをはわせて。

IMGP1034.jpg
ホームパーティがテーマの中、ここはダイニングなので
プーコニュさんがアンティークの食器棚を持ってきてくれました!

IMGP1094.jpg
その中にもふんだんにお花が入っています。

IMGP1110.jpg
そしてこちらが高砂。
我が家でもダイニングテーブルの壁には私が描いた絵がかけてあるので
ここにもこの日のために描いた油絵をかけさせてもらいました。
モチーフにしたのは中島みゆきの「糸」。
縦の糸と横の糸が布になる日です。

テーブルの上のお花たちはダイニングなので
ちゃんとカップやお皿に入っていています。

IMGP1014.jpg

IMGP1021.jpg

2
テーブルの上のお花もそれぞれのテーブルによって違います。
披露宴の間はキャンドルに灯も点してもらいました。

404531_894376250702754_2101352455_n.jpg
結婚式は絶対に花いっぱいの式にしたかったので
プーコニュさんにお願いをして本当によかった!

941562_270903516384484_1969647190_n.jpg
二次会の後にはみんなにそのお花を全て持って帰ってもらったので
みんなもすごく喜んでくれました。
プロフィール

utsugimaika

Author:utsugimaika
・ラジオDJ
・チャイルドボディセラピスト
・JICA中部なごや地球ひろば 
 オフィシャルサポーター
・Supporter's Support代表
・コップなごや水基金 コーデュネーター
・なんとかしなきゃ!プロジェクト メンバー
・フェアトレードタウンなごや推進委員
 
                  など

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク