スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋、ですね。

DSC_0019_20121024165000.jpg
町中どこにいってもキンモクセイのいい香り。
一年のうちでこの時期が一番やさしく、やわらかくいられる気がする。
何があってもこの香りを嗅げばきっと大丈夫なんだと思える。


秋は芸術の秋だ、読書の秋だなんて都合の良いもんだなぁ、
とひねくれてた時期もあったけど
最近になって、あぁその通りだと思えるようになった。

別に秋を意識している訳ではないけれど
アートに対する欲求が日に日に強くなる。
絵を描きたい。絵を見たい。心からっぽにして包まれたい。

DSC_0006_20121024165000.jpg
というわけで、たまたま見つけて気になってたアート展
「収蔵アートコレクション〜井上直久に魅せられて〜」に行ってきた。

耳をすませばでも作品が使われていた井上直久。
昔から大好きで絵本ももっていた。

色使いが、もうまるで夢の世界。
キラキラ光るその世界を前にするとまぶしさについ目を細めてしまうくらい。
絵本の世界に入り込んだみたい。
とってもあったかくて心地良い空間だった。

入場無料で10月28日までやってるのでぜひ。
@キャラリーCHIYODA

DSC_0022_20121024164959.jpg
帰りに本を買って帰る。
なんとなくラブストーリー。

秋はいつもと違う世界に行きたくなる、そんな季節なのかもしれない。

スポンサーサイト

地元

IMG_4061.jpg
昨日は久しぶりに地元のお祭りに帰っていました。

IMG_4055.jpg
この音、香り、全てが私を作ってきたのだと思うと何だかキュンとしちゃう。
懐かしいその空気を何より体が覚えてて心地よかったです。

DSC_0007_20121014214705.jpg

IMG_4070.jpg
そして今日は高校の友だちに会いに神戸へ。

DSC_0001_20121014214707.jpg

DSC_0003_20121014214706.jpg

DSC_0009_20121014214704.jpg
突然の連絡にも関わらず4人集まってくれて、弾丸トーク。
29歳の誕生日を目前にして自分のルーツを確認したのでした。

来月イベントやるよ!

IMG_4029_20121013114428.jpg
11月23日 Hello Africaというイベントやります!
音楽あり、マイカのアフリカントークあり、雑貨あり、体験あり
一日でアフリカをぎゅっと味わえるようなイベント。

昨夜は準備ミーティング!
大好きなアフリカ仲間と集まると関係ない話も多々ありあり。
うん、楽しい夜でした。

イベントぜひ遊びにきてくださいね!

イレーネんち

IMG_4006_20121013114429.jpg
仲良しのイレーネん家にお泊まり。
25周年を勝手に記念して2人でフルハウス見ました。
やっぱりジェシーおじさんがかっこいい!

IMG_4002_20121013114428.jpg
サラダのドレッシングは2人共大ファンのジェイミー・オリバーの
ドレッシングを手作り。

IMG_3996.jpg
イレーネんちには私のものがたくさんあります。
昔、我が家にあった京都のパズルと電話。

IMG_3997.jpg
去年のクリスマスプレゼント。

IMG_4001.jpg
うちの洗面所にくっつかず託したブタちゃんとライオン丸。

IMG_3998.jpg
そしてセネガルのおみやげなどなど。
この家にいると自分の家にいるようで落ち着くのです。

保険プロジェクト

DSCF4618_20121013103952.jpg
私の医療に関する関心は深まるばかり。

病院での待合時間を減らしたり、ちゃんと的確な薬を提供できるように
するというような、供給側へのサポートを知ると
今度は、じゃあ受け取る方はちゃんと受け取れているのか?という疑問が浮かんでくる。

病院に行けたり、薬をもらえたりするお金を
ちゃんの村の人は工面できているのだろうか。

そこで出逢ったのがタンバクンバの
シンチューというところで行われている保険のプロジェクト。

DSCF4620_20121013103951.jpg
ここではちゃんと子どもに薬を買ってあげやれるように
村の人同士が助け合う仕組みをかつての隊員が作った。

保険カードというものを作って、お母さん一人につき、
子ども二人まで登録する。そのカードを診療所で見せると
薬の仕入れ値の半額近くで薬を買えるようになっている。

その保険カードに登録するためにお母さんたちグループをつくり
そこに一週間に100セーファずつ払っている。
月末に診療所からグループに対して
あなたのグループから今月は何人の診療をしたので
これくらいかかりましたよという請求がきて、
グループがお金からその分を払うという仕組み。

他の人が困っている時には助けれあげて、
自分が困っている時には助けてもらう。
沖縄のゆいまーるに何だか似ている気がした。

DSCF4627_20121013103951.jpg
そして何がすごいってこの制度を初めて、
未だ一度も赤字を出したことが無いというのだ。
プラスになったお金は分配し直したり、
行事で使ったりしているそう。

今では15人のグループが11あるのだという。
しかもこの制度、プロジェクトでやってくださいと頼まれたものではなく
隊員が思いつき自主的に始めたというのだから尚のこと驚く。

セネガルのプロジェクトはこんな風に積極的に
活動外で必要だと思って作り上げられたものが多いのが印象的。
プロフィール

utsugimaika

Author:utsugimaika
・ラジオDJ
・チャイルドボディセラピスト
・JICA中部なごや地球ひろば 
 オフィシャルサポーター
・Supporter's Support代表
・コップなごや水基金 コーデュネーター
・なんとかしなきゃ!プロジェクト メンバー
・フェアトレードタウンなごや推進委員
 
                  など

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。