難民に関する鈴鹿市イベント

DSCF0829.jpg
今日は鈴鹿市文化会館で
「地域づくりシンポジウム~ 難民受入れから多文化共生の地域づくりへ」
の司会をさせていただいた。

外国人集住都市で第三国定住難民を受け入れたのは鈴鹿市が初めて!
去年の春、ミャンマーのカレン族の三家族が鈴鹿に来てから
国でも地域でも色んな取り組みがなされてきた。

第一部の基調講演で難民受入れ事情について学び、
第二部でUNHCRや内閣府、市の取り組みという大きな枠組みについて伺う。
そして、第三部はまさに地元で難民の方々と直接関わってこられた地元の方の座談会。

第三部、具体的なエピソード一つ一つを聞き、その全てに心が震えた。
ビニールシートと小袋持参と言うと、
手のひらサイズのシートと大きな袋を持ってきたところから、
持ち物は毎回デジカメで撮って渡すことにした幼稚園の先生。

漢字が読めなかった子を期末テスト92点と96点取れるまでにした小学校の先生。

地域全体が一体となって取り組んでいた。
自治会も教育委員会も、学校も市も大人たちの雇用主も。
みんなが顔見知りでみんなが手を繋いで。
倒れそうになったらすぐに近くにいる人の手が出る体制が整っていた。

なんて進んでる。
これから鈴鹿はきっとモデルケースになっていくだろう。
司会やコーディネーターをしながらもう感動しまくり。

とても勉強になりました。

DSCF0832.jpg
スポンサーサイト

あなたへ

「見る人が想像できる絵がいい。」
そんな風に昔、絵の先生が言ってた。

「だから10説明するのではなく8描いて、
2は見てる人が想像できる幅を残しとく。
嬉しいのかな。悲しいのかな。
日によって違って見える絵がいいよね」


今日、そんな想像の幅をたくさん残してくれた映画に出逢った。
説明しすぎない。
見てる人が考える時間をちゃんととってくれる映画。

試写会で「あなたへ」見てきました。

IMG_3416.jpg

大人がじっくり楽しめる映画だった。

妻を亡くした主人公の男性が、妻の最後の手紙を受けとるために、
遺言で託された散骨をするために、富山から長崎へ向かうというお話。
道中、いろんな人と出逢い、妻の思い出をたどり、
いろんな生き方や妻の愛の深さを知っていく。

車の中に木のテーブルや椅子を作ってキャンピングカーにしたり、
俳句が出て来たり、若い子のロードムービーとは全然違う、
大人(わたしより少し上の世代)の余裕、楽しみ方。

悩みも歳を重ねてきたからこそのもので、
それに対する答えも、いろんな経験をしたからこそ出てくるもの。

若い頃って、白か黒か。嬉しいか悲しいか、楽しいか寂しいか・・
はっきりわかりやすい。
でも、歳を重ねるとそんな単純ではなくなる。
もっとぼんやりと、繊細で、複雑なものになる。
そんな微妙な温度を丁寧に描き出していた。

何度もきれいな涙が流れる。

くどいようですが「大人」にじっくり味わってほしい映画です。
8月25日〜ロードショー

日本美術の至宝

IMG_3425.jpg
金曜日、お疲れさまランチー!
ということで、Bang Bang ZIPのねねさんと
ANAクラウウンプラザホテルグランコート名古屋へ。

今週は週末もお仕事なので
こういう充電時間がとってもありがたいのです。
ねねさん、ありがとー。

IMG_3426.jpg
ご飯の後はその足でボストン美術館へ。
先週からスタートした「日本美術の至宝」特別企画展
見に行ってきました。

鎌倉・平安時代の絵巻から水墨画、長谷川等伯や狩野派、尾形光琳らの屏風などなど。
歴史の資料集で見たような作品がずらり。

中には奈良時代の仏教絵画もあって、
ところどころ、崩れていたり消えていたりするのだけど、
それがまた時間が手を加えたアートの様で味わい深かった。

特に好きだったのが長谷川等伯の龍虎図屏風。
ダイナミックな筆の動きに見る
虎の静かな強さ。ぎろりと睨む龍の目力。
とても迫力があるのに、決してギラギラしていなくて
しっかり侘び寂びがある。

しばらくその前から動けなかった。

見終わった後には何だか清々しい気持ち。
日本の美術ってやっぱりすばらしいなってお腹いっぱい堪能。

前期が9月17日まで。
後期が9月29日〜12月9日。

たっぷり時間あるので、ぜひ♪

39 -thank you-

IMG_3414.jpg
愛知芸術文化センター12階のアートスペースGで
今日から7月1日までやってる
安田一美さんの39-THANK YOU-というアート展を見てきました。

一番近くにいる大切な家族へ「贈りたい作品」がテーマという
このアート展は、素敵な歌詞のフレーズや名言が
カリグラフィというアートと切り絵、押し花で表現されてた。
カリグラフィというのは普通の習字ではなく、
文字を美しく見せるための手法。
文字を使ったアートのこと。

真実はワインの中にある

女性の年齢を覚えるより、誕生日を覚えなさい


その言葉を選んだ彼女の感性がとても好きで。
そしてその感性をそのまま額縁の中に
アートという目に見える形で表現してしまうのだからもう釘付けだ。

??-27

中でも好きだったのはバレンタインデーをモチーフにした作品。
その絵の中にはa とitという文字がたくさん並んでた。
バレンタインデー、その2月14日という日は
ある人にとってはとってもドキドキをしたり
そこから人生が変わるような特別な日。
またある人にとってはただの2月の14番目にきた普通の24時間。

同じ日でも全然見え方が違う。
そんな感性をitとaという2文字でアートとして表現しちゃう。
何て素敵なんだろう。

入場無料なのでぜひ。
今週いっぱいです!

週末イベント

IMG_3399.jpg

夏らしいネイルにチェンジしました。
これでまた明るい気持ちでお仕事頑張れそうです!

さて、今週末は土日とも司会をしています。
土曜日は「鈴鹿市文化会館けやきホール」で
地域づくりシンポジウム
「難民受け入れから 多文化共生の地域づくりへ」

というイベントの司会を。

ご一緒させて頂くのが
内閣府特命担当大臣や内閣官房副長官補室参事官などなど・・
なかなか普段直接お話を聞けない方々ばかり!
なのでこの機会にぜひ聞きにきてくださいね。

入場無料、お昼1時〜やってます。

??-27
(ちょっと今日肌寒かったのでロール白菜にしました)

そして日曜日はまたガラっと変わって
ラグーナ蒲郡フェスティバルマーケットで
スマイルデリの公開録音イベント開催です。

ゲストはお笑い芸人のエハラマサヒロとMAY'S!
お昼2時〜でこちらも観覧自由なのでぜひぜひ☆

あと7月21日には東邦ガスのお料理イベントもあります。
わたし司会で参加します。
現在、絶賛参加者募集中なのでコチラから♪お待ちしてます。
こだわりの食材を使って最新のガスコンロ使ってお料理していきますよー!

さぁ、こっからイベントシーズン突入です。
普段はスタジオの中からが多いですが、
いろんなところに出る予定なので
遊びに来てくださいねー!
プロフィール

utsugimaika

Author:utsugimaika
・ラジオDJ
・チャイルドボディセラピスト
・JICA中部なごや地球ひろば 
 オフィシャルサポーター
・Supporter's Support代表
・コップなごや水基金 コーデュネーター
・なんとかしなきゃ!プロジェクト メンバー
・フェアトレードタウンなごや推進委員
 
                  など

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク