スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

music together

10058226349_20120122215513.jpg
昨日music togetherという子ども向けの音楽クラスに行ってきた。
これがすごいの!

勉強とか、レッスンっていう感じじゃなくて本当に音をみんなで楽しんでる感じ。
歌は全部英語なんだけど、幼稚園生くらいの子が覚えて歌っちゃうんだよね。

普通レッスンだと、私語してたり遊んでたりすると、
みんなと同じ行動に戻るよう怒られると思うんだけど、ここは自由。
騒ごうが、遊ぼうがその子がやってることが尊重されちゃう。
でも、気になるリズムがなったりすると子どもは自然と帰ってくる。

最後は電気を消して部屋のな真ん中に置いた
まあるいお月さまみたいな電気を囲んで星の歌を歌う。
キャンプに行ったみたいな素敵な光景だった。

子どもいないので子育てとかよくわからないけれど、
こんな風に育てるのっていいな、と思った。
頭に埋め込む知識は簡単に消えちゃったり、時に頭を硬くしてしまうけれど、
こんな風に体に染み込んだ音楽はきっとその子の核になる。

ご興味あるかた→こちら
スポンサーサイト

渡名喜島 朝のさんぽ

DSC_0277.jpg
朝、6時半に起きた。
30分くらいかけて準備をして7時すぎに家を出る。
外はまだ朝が始まったばかりの香りがしてた。

DSC_0340.jpg
隣の家のおじちゃんが竹ほうきで家の前を掃いていた。
少し歩くとどんどん人が家から出てきて、
みんな家の前を掃き出した。

「おはよう。昨日はごくろうさん」
いつもの習慣といった感じ。

DSC_0317.jpg
この島では子供たちが朝、島の道をそうじするというのが
もうずっと昔から続いているというのを以前書いたけれど、
その習慣は大人になっても残っているようだ。

DSC_0290.jpg
海に向かって歩く。

DSC_0291.jpg
東の空は少しピンクがかってとても美しかった。

DSC_0292.jpg
静かな浜にわたし一人。
時が流れているのを忘れてしまう。

DSC_0091.jpg

DSC_0093.jpg

DSC_0287.jpg

DSC_0317.jpg

DSC_0302.jpg
朝ご飯。

DSC_0307.jpg
朝ご飯の後、ちょうどこの時間
ウミガメが顔を出すよと聞いて見に行った。

DSC_0306.jpg
プカー、プカーと息づきに顔を出すウミガメたち。

DSC_0308.jpg
でもその瞬間をカメラにおさめることはできず。
だけど、水族館の大きな水槽ではない
自然の中にいるウミガメを見ることができたことが
何よりうれしかった。

DSC_0338.jpg
集落へ帰ってきて、もうひとさんぽ。
さんぽ納め。

DSC_0326.jpg

DSC_0322.jpg
なんだろう。イタリアの朝を思い出した。
風景は全然違うはずなんだけど、
こんな空気だった、あの朝を。
ずっと思い出すこともなかった景色を。

DSC_0325.jpg

DSC_0352.jpg
家に荷物を取りに帰って、そろそろ島を出る時間。

DSC_0364.jpg
ありがとう、いろんなことを教えてくれて。

DSC_0365.jpg
体に穴を開けて、中の空気をガラッと入れ替えたような
とてもすっきりした気持ち。

わたしはいつも「帰りたくない」と思う旅より
「帰りたい」と思える旅が素敵だな、と思う。

旅人には帰るところがある。
帰ってからの自分は、行く前の自分からどんな風に変わったのか。
こんな風に生きよう、こんなことをしよう。

帰ってから待っている未来が楽しみになる旅が好き。
まさに今回はそんな旅だった。

とても楽しかった。
そして同じ分だけ帰るのも楽しみなんだ。

渡名喜島 島の夜

DSC_0210.jpg
暗くなると村道一号線に灯りが灯りだす。
普通、街灯というのは頭上にあるものだけど、
この道の街灯は膝の高さくらいにあるフットライト。

上につけてしまうと星が見えなくなるから
という理由らしい。何て素敵なんだろう。

DSC_0229.jpg
それでもまだ明るいということで最近では子供たちが植木鉢に絵を描いて
それを上からカバーとしてかけているところもある。

DSC_0222.jpg
光に溢れた都会ではもっともっと明るくしようする一方で、
島では明りを少なくしようとしている。

「星を見るために」

そんな生き方がいいな、と思う。

DSC_0237.jpg
この日は残念ながら曇っていたので見られなかったけど、
普通に天の川も見えるらしい。

DSC_0243.jpg
ご飯をまた食堂にまで食べにいく。
夕食時、島では今でも旧暦で生活しているのだという話を聞いた。

旧暦って月の満ち欠けだから、
それに従って生活した方が島の人には生活しやすいのだという。
満潮のこの時にはこれが捕れる、みたいな。

今回の旅は忘れてきたものを
一つひとつ思い出すための旅だったのかもしれない。
私個人がというよりも、都会で暮らす人間が忘れてきたものを。

DSC_0244.jpg
昔からの知恵に耳を傾けること。
人間らしさを取り戻すこと。
もっと人間としての感性を研ぎすませること。

DSC_0260.jpg
旅というのは本来そういうものなのかもしれない。

旅に出るということは不安定な自分になること。
旅に出ると感性を研ぎすませないと、
勘を働かせないと前に進めなかったり、
思わぬアクシデントにあってしまったりするから気を抜けない。

でも、本当は日常生活だってそう。
ちょっとでも気を抜くと生活できないくらい、
生きていくことはきっと大変なはずなのに、
私たちはその感覚を麻痺させて生きてる。

そんなことをいちいち気にしていたら大変だから。
そして、そんなことを気にしくても良いように
いろんなものを作り上げてきた。

でもたまにこんな風にもっと動物的な本能を
取り戻したくて旅に出たくなる。

DSC_0261.jpg
そして、もうひとつ。
島に来て私は久しぶりに夜が怖いと思った。
どこよりも治安が良く、安全なはずなのに。

ここには本物の夜があった。
夜は暗いんだ。
闇って怖いんだ。

そんな当たり前のこと忘れてた。
都会で人はその闇が怖くて、
あんなに光をつけるようになったのかもしれない。

DSC_0251.jpg
でもこんなに夜が怖いからこそ、
月の光をとてもありがたく思え
朝がくることを喜べるのだと思う。

島の夜は何だかいろんなことを考える。

明日どんな朝がくるのかとても楽しみ。

渡名喜島 シーサーs

DSC_0084.jpg
何度も迷子になりそうになった集落の道。
途中からシーサーを目印に歩くようになっていた。

DSC_0118.jpg
いろんなシーサーがあるんだね。
家の前に置かれたシーサーを見ているだけで
その家の人にどんな人が住んでいるのか少しわかるような気がする。

DSC_0121.jpg

DSC_0131.jpg

DSC_0081.jpg

DSC_0203.jpg

DSC_0186.jpg

DSC_0149.jpg

DSC_0147.jpg

DSC_0145.jpg

DSC_0356.jpg

DSC_0333.jpg

DSC_0209.jpg

DSC_0134.jpg
なんて美人な子!
わたしの一番のお気に入りです。

渡名喜島 道

DSC_0103.jpg
「旅先では何してきたの?」とよく聞かれるのだけど、
その度に「さんぽ」と答えている。

昔やっていたブログでは
「小道」というカテゴリを作っていたくらい小道が大好き。
ずっと小道の写真を撮っていた時期があった。

DSC_0101.jpg
そんな小道マニアにはこの島の集落の造りはたまらない。
どの道も写真を撮りたくなる。

その一部をお楽しみください。

DSC_0098.jpg

DSC_0100.jpg

DSC_0105.jpg

DSC_0107.jpg

DSC_0144.jpg

DSC_0142.jpg
となりのトトロに出てきたシーンを思い出す。
メイがトウモロコシ持って出てきそう。

DSC_0133.jpg

DSC_0124_20120117222022.jpg
村道一号線は長さ600mほど。

DSC_0127.jpg
道の両脇にはフットライトが並ぶ。

DSC_0125.jpg
夜がとても楽しみ。

DSC_0295.jpg

DSC_0157.jpg

DSC_0155.jpg

DSC_0150.jpg
島で一番好きだった道。

DSC_0167.jpg
少し座ってみる。

DSC_0175.jpg
「ずっとここに来たかった」そう思わせる場所がある。

DSC_0178.jpg
welcome to the GARDEN

DSC_0182.jpg
訳もなく涙が出そうになる。
そんな心を動かす景色に出逢いたくて私はいつも旅に出る。

DSC_0165.jpg
自分の足音に耳を澄ます。
こんなにゆっくり歩くのはいつ以来だろう。

DSC_0189.jpg
帰ったらまた倍速で歩く毎日。
だけど、このリズムを覚えていられるように。
ただ歩くことをこんな風に楽しめるように。
プロフィール

utsugimaika

Author:utsugimaika
・ラジオDJ
・チャイルドボディセラピスト
・JICA中部なごや地球ひろば 
 オフィシャルサポーター
・Supporter's Support代表
・コップなごや水基金 コーデュネーター
・なんとかしなきゃ!プロジェクト メンバー
・フェアトレードタウンなごや推進委員
 
                  など

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。