FMあおぞら

059.jpg
うちの番組でやっているリスナーのみなさんが作ってくれた
絵本のストーリーを送るSMILE BOOKプロジェクトで
受け取り局になってくださっているFMあおぞらにも今回行ってきました。

056_20110924111304.jpg
春の特番の時にも電話でお話を伺ったママさんおDJの「吉田圭さん」
吉田さんのあったかい人柄もあるのだと思いますが、
今、番組にはそれまでみんな言えなかった
「悲しい」「寂しい」という気持ちがメッセージとして送られてきているのだそう。

057_20110924111304.jpg
みんな顔は笑ってて、町も復興してきて、表には見えないけれど、
でも、心の中ではふとした瞬間に、失ったものを数えてる。というお話も。

場所によって復興のペースがあるように
一人ひとりにも性格があって、心の復興、
立ち直りが早い人がいれば、遅い人もいる。
でもその中で置いてけぼりの人を作ってはいけないのだと思うんです。
とも仰っていました。

img21349_1.jpg
昨日の番組のテーマ「3月10日のあなた」についても聞いてみると
「あの日は普通の日だった。
普通に主婦をしていて、子どもの誕生日が近いから
プレゼント用意しなくちゃな、なんて思いながら眠りにつきました。」と。

「よく考えるんです。
3月10日、そう前の日のことを。
何も知らずに過ごしていた震災より前の時のことを。
そして、愛おしいって思う。
何も知らずに生活していたあの時の自分を
他の人たちのことも、愛おしいって思うんです」

「愛おしい」という言葉が胸に響いた。
そして、吉田さんの声に支えられている人は
きっとたくさんいるんだろうな、と思った。
スポンサーサイト

邦子さん

027.jpg
朝7時に旅館を出て、石巻から車を一時間くらい走らせる。

024.jpg
途中、津波の爪跡が残る風景が何度も窓の外を流れた。

029.jpg

028.jpg

020.jpg
ついに車を止めたのはコバルトブルーの海を見た時だった。
あっと息をのんだその海は美しかった。
沖に行けばいくほどエメラルドグリーンに輝くその海が
色を変えて襲ってきたなんて、何だか信じられなかった。

023.jpg
これから向かうのは、その海のすぐそばで民宿を営んでいた、
作家の阿部邦子さんのお宅。今は近くの仮設住宅にお住まいなのだという。

IMG_1334.jpg
玄関の入り口の「お城にようこそ」という言葉に
邦子さんのあったかくてチャーミングな人柄がよく出ていて
思わず、シャッターをきった。

img21350_3.jpg
いろんなお話を伺った。

『もう何もかも無くなったって思ったのね。とにかく。
もう何もないって思った時にあれだけ残ったんですよ。うちの地所に。

あの時計は小学館で一番最初に優秀賞を取った時の記念の品なの。
それが見つかって、土から掘り起こした時に、
もう壊れてるし、時間も止まっているんだけど
「あ、原点に戻っただけだ」って思えた。

何もかも無くなったなぁって思いながらも、
一番先にプロの作家として出発することになった
その原点が見つかって
「私は何だ、何もかも失ったんじゃなくって、
リセットをされたんだ」って思えたんです。

だから、あれは周りの消毒はしたけど、まだ汚れたまま。
3時24分で止まってるんですよ。
あ、この時間に津波がうちに来たんだな、と。
そう思ったら何か、私が大事にしてたものの悲鳴が
みんな聞こえる感じがして。「助けて」みたいな。

でも、私の今までの過去をみんな持って行ったってことは
いいことも悪いことも持って行ってくれたと思うの。
だから、あ、生まれ直せばいいんだなって。

この時計見て思えたんです。』


リセットという言葉が胸に響いた。

img21350_2.jpg

『言葉について言うと「頑張れ」言う言葉ね。

来る人、来る人がみんな
「頑張ってくださいね。
頑張ってくださいね、邦子さん」って言うんですよ。
でも、本当に本当に本当に本当に、どう頑張ればいいのって。

年配の方なんかが
「邦ちゃん、みんな頑張れって言うけど、何すればいいのや」
って言った時に、「そうだよね。」って。
「いいんだよ。私たちは息をしてるだけで頑張ってるんだから」って。
もう、そう言うしかなかったの。

「じゃあ、どんなこと言えば良いの?」って結構言われるのね。

それなら「応援してます」でいいんじゃないのって思うの。
あと「気持ちをできるだけ受け止めたいと思います」で良いんじゃないって。

あと、それで言葉が出ないようだったら「黙ってて」て言ったの。
黙って、握手でも良いし、
ハグでも良いし、うなづいてくれるだけで良いんだよって。

人間は言葉の動物だけど、でも下手に言葉をかけようと思っちゃうと
やっぱり陳腐な言葉になっちゃったり、かえって傷つけたりするんで、
そういう時は、お願いだから黙ってハグしてって。


ただ、ハグにも相手によるけど(笑)
若い男の子にされたらうれしいけど(笑)』


ずっと、探してた答えを思いがけず、与えてもらう。

IMG_1327.jpg

『それから「感謝の気持ち」のこと。
例えば今回でもいとことか知り合いとか亡くなったし、
あとうちの姑さんもライフラインの悪化で
5月30日に力尽きて亡くなっちゃったんです。

その時にもっともっと「大好きだよ」とか、
もっともっと「ありがとう」とか、
言えばよかったなってやっぱり思いますよね。
誰だって大事な人が亡くなっちゃったら。

だから、「ありがとう」とか「うれしい」とかそういう言葉は
もったいないと思っちゃいけない、と。

もうバンバン使っていいんじゃないか、と。
それをつくづく思った。

そうすれば思い残すことないと思うの。自分が死ぬ時も。

「あの人にありがとう言えばよかったな。」
「あの人にごめんね言えばよかったな。」って。』


021.jpg

『死んじゃうってことは「負け」だとは思ってないの。
だから「かわいそう」って絶対思ってない。
どんな人がいつ死んだって、どんな形で死んだって、かわいそうだとは思わない。
まぁ、殺人とかそういう理不尽なことでっていうのは別だけど。

病気で闘って死んじゃった人とか。年齢が年齢で亡くなった人とか。
あと、その人なりの寿命で亡くなった人もいっぱいいるんだけど、
「かわいそう」って本当に思わない。

「かわいそう」は上から目線なんで
生きてる人の方がえらいのかっていうと、そういうんじゃないのね。
もうその人が精いっぱい生きてくれれば、
もう短い長いの問題じゃないと思ってるんですよ。寿命っていうのは。

だから、今回も亡くなった人はいっぱいいるけど、
かわいそうって本当思わない。
ただ、亡くなっちゃうっていうのが一番つらいのは、
新しい歴史を作り出すことができないんですよ。亡くなっちゃった人とは。


だから、それまでにもっと大事に接して、いろんな言葉をかけてあげて、
あと、かけて頂いて、そういうことを物惜しみしないで、
もういっぱい良い言葉を使っていこうって。』


IMG_1333.jpg
本当に素敵な方で、大ファンになってしまいました。
邦子さんのお話は全てお伝えしたいことばかり。
この後、少しずつ、この場所でこの時いただいた言葉を
お届していこうと思っています。

石巻 道中2

046.jpg

044_20110924110301.jpg

043.jpg

042.jpg

040.jpg

038.jpg

053.jpg

051.jpg

050.jpg

049.jpg

047.jpg
これが自分の生まれ育った町だとしたら・・といつも思う。

自分の一番大切な場所が、思い出がたくさん詰まった風景が
帰りたくても帰れない場所になっているのだとしたら。
私は、何を思い、何をしただろうか。

石巻 道中

IMG_1319.jpg IMG_1318.jpg
行きは塩竈というところでマグロ丼を頂きました。
この肉厚~、キラキラしてますよね。絶品でした!

IMG_1315.jpg IMG_1314.jpg
でも、お店の近くも通り一本入っただけで、
まだこの景色だったりします。
ここは魚市場だったけど、もう移転してしまったよう。

IMG_1322.jpg
夜は、石巻の駅前の「わきあいあい」というお店へ。
落合ブラザーズよく似ています。

IMG_1324.jpg
これがなければ絶対に出逢うはずのなかった8人。
ラジオの話に、学生時代の話に、いろんな会話が飛び交います。
今日、初めて会った気が全くしない。

016_20110924105737.jpg
寝食を共にして、女子チームもすっかり仲良くなりました。
またみんなで集まって何かできたらいいね!

DJ体験@石巻

010.jpg
UPが遅くなってしまいましたが、先週末は宮城県へ行っていました!
今回のメインは石巻市の避難所「渡波小学校」でラジオDJイベントをやること。
そうです。このブログでもお馴染になってきました渡波小学校です。

012.jpg
もともとのきっかけは、渡波小学校の館長こと高橋さんが
ラジオがお好きでDJ体験やってみたいね、と
J-waveのレイチェルさんに話していたこと。

事務所の同期の私が先日館長にお会いしたときにこれを聞いて、
だったら一緒に!ということになったのです。

他にもメンバーはZIPの先輩オチケンさんに、ディレクターの中井さん、
Supporter's Supportのスタッフかおりちゃん、
東京からはオチケンさんの弟シュンスケさん、J-waveのDJ亜風呂さん
ディレクターの毛利ちゃん、そしてレイチェルさんと私の8人です。

そんなDJ体験。
まずは、館長のDJでスタート!

DJ.jpg
そして、オチケンさんの最初のパートナーは
嵐の曲をリクエストしてくれたハルちゃん。

DJ (2)
仲良し3人組の女の子たちも参加してくれました。

006_20110924104822.jpg
途中、落合兄弟のトークがおもしろすぎて!
いつか、ツインでレギュラーでやってほしいなぁ・・

IMG_1338.jpg IMG_1337.jpg
ボランティア代表の菅野さんや館長も饒舌!!
もともとお話がうまい方だなぁとは思っていたけれど、
アーティストばりの引き出しの多さに大笑いでした。

いつか、番組に出て頂きたいなぁと思っていたのが、
私が出張という形で叶ってしまいました。

002.jpg
人数も結構いるので、みんなそれぞれ途中は自由に過ごしていて、
ハヤトと野球をするオチケンさん。
わたしもユヅちゃんとずっと遊んでました。
こういう時間もまた楽しい。

003_20110924104822.jpg
これまでは活動の話とか、
かたい話ばかりしてきた菅野さんや館長と
「仙台の七夕祭りで苦いデートの思い出があるんですよ・・」
なんて話で大笑いしたり。

より絆が深まった気がしています。
それによってSupporter's Supportに対する気持ちも
「支援」というものからちょっと変わってきたような。

菅野さんや館長のことが大好きだから、
そんな友人が何か困っている時に、わたしにできることがあるのなら
何か手伝いたい、そんな気持ちに今、なっています。

でも、それこそが続ける上では大事なのかも。
「友達に対してサポートするよ」という気持ちには終わりがないから。

ここで、また一つ自分の中で何かが固まった気がしています。

011_20110924104821.jpg
参加してくださったみなさんありがとうございました。
そして、一緒に行ったメンバーもお疲れさまでした!
プロフィール

utsugimaika

Author:utsugimaika
・ラジオDJ
・チャイルドボディセラピスト
・JICA中部なごや地球ひろば 
 オフィシャルサポーター
・Supporter's Support代表
・コップなごや水基金 コーデュネーター
・なんとかしなきゃ!プロジェクト メンバー
・フェアトレードタウンなごや推進委員
 
                  など

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク