elSOUL絵本プロジェクトとチャリティライブのお知らせ

120.jpg
(カルテットに参加してもらったクリスマスパーティ)

わたしが東海支部代表を務めているelSOULという
子どもを対象にしたボランティア団体があります。

これまでは児童養護施設でのイベントやライブを中心に行ってきたのですが、
今回の震災の後、わたしたちも何かできないか、という話になりました。

そんなとき、elSOULの東京代表をやっている
ラジオDJのULEEの口から出てきたのは
「今、自分が避難所にいたらわたしは子どもに絵本を読んであげたい」
という言葉でした。

今でこそ、絵本を送るプロジェクトや読み聞かせ隊なんていうのも
出てきていますが、まだそういったニュースも出ていなかった頃のことです。
そこで、わたしたちは持っている絵本を送るのではなく、
今この時に、わたしたちが伝えたい言葉や思いを届けようということにしました。

メンバー全員が今届けたい思いを詩にして、
それを言葉を操る職業の私が絵本のものがたりにまとめ、
音楽を作る職業の名古屋のアーティスト・プライナスの川名くんが曲にする。
みんなの思いをそれぞれの分野のプロが形にして届けるというものです。

057.jpg

曲は「だいじょうぶ」というタイトルでできあがり、
絵本は「おひさま わはは」というタイトルで、
メンバー内で文も推敲し、
今ちょうどスタッフの知り合いのイラストレーターさんが
絵を描いてくれているところです。

こどもたちが少しでも元気になれる歌、
一瞬でも元気になれるメッセージ絵本を被災地へ届けたいと思っています。

ただ製本に関しては費用が発生してしまいます。そこで! 

歌&絵本プロジェクトにご賛同頂ける方に、
募金のご協力をお願いしております。

募金して下さる皆様には、
残念ながら絵本及びCDはお渡しできません。ご了承下さい。
出来上がった楽曲はYouTubeにて配信。

絵本の内容もelSOULのサイトもしくはYouTubeにて配信予定。
ネット上でお楽しみ頂けるようにします。

また、こどもたちにみなさんの願いと気持ちを一緒に届けたいと思い、
募金して頂いた方のお名前(ニックネーム可)を巻末に記載予定です。

○送り先:被災地の養護施設や学校関連(現在確認中)
○絵本の受け渡し予定日:5月下旬ごろ
○受け渡し方法:現地入りする民間企業スタッフが被災地に直接届ける予定。
○絵本印刷部数:30部予定(※募金の合計金額により増刷あり)

★募金方法★ ※別紙の必要事項をご記入の上、elSOULメンバーにお渡しください。

1〉直接elSOULメンバーに手渡し

2〉口座振り込み
みずほ銀行
渋谷支店(210)
普通 8194061
elSOUL 代表 保科有理

※お振込後elSOULメンバーもしくは、
elsoulmail@gmail.comまで、
連絡をお願いします。


※お振込の方は、お手数をおかけしますが、
下記必要事項をメールにてelSOULメンバーにお知らせ下さい。

お名前:

本に記載するあなたのお名前:
(匿名、本名、ニックネーム)

メールアドレス:
(後日、楽曲と絵本を閲覧できるURLをお知らせします)

ご住所(任意):〒

お電話番号(任意):


ご協力いただけるとうれしいです。

IMG.jpg

また、今回このプロジェクトでできた曲「だいじょうぶ」のレコーディングに
参加してくれたアーティストたちによるチャリティライブも行われます!

☆東日本大震災救援チャリティーコンサート☆
「みんなで届けよう!愛と勇気と希望の音!!」

◯ 日時:2011年5月8日(日) 13時半〜17時半(13時開場)
◯ 開場:名古屋市北文化小劇場 
◯ 入場料 :無料
◯ 主催 :ドレミファミリー♫(川名/馬場/磯和)

■ 出演者

◯ 川名洋行 (弾き語り)
◯ 馬場敦史(津軽三味線)
◯ レインリリーブラウニー(テクノポップ)
◯ プライナス(ポップス)
◯ あいうえオノマトペ♪ダンサーズ(ダンス)
〇 アムールサクスフォーンレフル(サックスによるポップス・クラシック)

■ 司会
〇 空木マイカ(ラジオDJ)

■ 後援
◯ 名古屋市北小文化劇場


こちらも入場無料ですので、ぜひいらしてください。
会場では被災地への義捐金の募金も行います。

またこのライブでは最後に参加アーティスト全員と
地元の子どもたちがステージに上がって一緒に
「だいじょうぶ」を歌う予定です。

参加してくれる子どもを今、大募集してますので、
ご興味ある方、連絡ください♪

いつもはブログ、コメント受けつけてないのですが、
今回はコメント欄もうけましたので、
私にだけ見える設定にして送っていただければ、
こちらからご連絡いたします!

IMG.jpg

また明日のZIP-FMはHoliday Special"Power to the People"となり、
コバタクさんと私で朝9時~夕方4時までお届けします。
東日本大震災から50日、今わたしたちにできること
一緒に考えていきたいなって思っています。

その中で、13時10分ごろ~
この絵本プロジェクトで製作した「おひさま わはは」の読み聞かせと
プライナスが作ってくれた「だいじょうぶ」もOAする予定です。
本舗初公開! ドキドキ。

ぜひ聞いてください!
スポンサーサイト

鎧を身につけて

img19658_1.jpg

今日は名古屋おもてなし武将隊から
信長さまと慶次さまが遊びにきてくれました!

わたし、大好きなんです。相変わらずの弾丸トーク。
よく笑わせてもらいましたね~
(デビューシングル、百花繚乱聞いてくださいね♪)

OAを通して毎朝、自分自身が元気になっているのを感じます。
普通は仕事して「疲れた~」となるんだろうけれど、わたしの場合逆で。
OAが無いと一気に元気がなくなります(笑)
改めて、この仕事が好きなんだなぁ。

ただ、最近は同時進行で進んでたイベントやプロジェクトが
どれも大詰めになってきて、移動も駆け足の状態に。うぅ・・

そういえば、去年もこの時期は
主催してたアフリカのイベントの準備で同じように動き回っていて、
喉をつぶしちゃったのでした。(あの時は、ご迷惑をおかけしました。)

以前、たまたま見てもらった占い師さんにも
「アナタこの時期は毎年大変な時期なのよ~」なんて言われてたのを思い出し
これじゃあ、いかん!!と自分ケアの徹底を始めました。

022.jpg
どれだけ忙しくてもお風呂上がりは
ハーブティを淹れて、好きなアロマを焚くように。

036.jpg
香りって中から気分がガラッと変わるからすごい。
そして、ヨガもちゃんとやるように。
固くなってた体がやわらかくなります。

cd.jpg
音楽も。
映画「八日目の蝉」(明日紹介するよ!)でジョン・メイヤーの曲が出てきて
久しぶりにこのアルバムひっぱり出してきて聞いてます。
やっぱり癒されるー。

IMG_0403.jpg
ネイルはAfrican Sunset。
アフリカの要素が生活の中にある、それだけで元気になれるから不思議。

IMG_0406.jpg
歳を重ねるごとに、自分が喜ぶものを一つまたひとつと知っていくから
壊れずに、無理をせずに、幅を広げていけるんだろうな。

逆を言うと、何か幅を広げる時には、
周りにたーくさん自分の好きな物を鎧のように身につけて
いざって出陣するのがいいのかもしれない。

大人になったからこそ、一歩進むときには
前だけじゃなくて、まわりも見ながら、自分の調子も見ながら
ペースをとっていきたいね。

ま、こんなブログを書いてる時点で、まだまだ大丈夫なんですけど(笑)

明日からのスマイルデリは・・!

IMG_0389.jpg

我が家のベランダにも春がやってきました。
冬の間すっかり元気がなくて、もう枯れてしまったんじゃないかと
心配していた「姫うつぎ」に花が咲きました!

となりでハーブたちも続々と新芽を出してきてます。
毎朝の水やりが楽しみになる季節ですね。

IMG_0383.jpg

そして明日からのSMILE DELIでは
「東日本応援ウィーク 君に届け!SMILE GIFT」と題して
毎日、東北のおいしいものをプレゼントします。

そこに、あなたを笑顔にするマイカのとっておきのギャグと絵も
一緒につけちゃいます♪

ということで、今日はその絵を描いてました~
ここにギャグが入ります。
ギャグは届いた人だけのお楽しみだよ。ふふふ・・

左の端がイチバンあやしいよね(笑)
ぜひ応募してくださーい。詳しくはOAで!

明日で一カ月

IMG_0361.jpg

昨日も書いたばかりだけど、今はそれぞれの役割分担。
行けないからこそ、ここでできること。

今日は、ふくしま・いわき応援プロジェクトへ物資を持って行ってきました。

福島は特に、放射能の風評被害で物流などが滞り、
物資の不足など困難な状況だと聞いていたので、
何とかここに届けられないかと思っていたところ、
行きつけのフェアトレードショップ・フェアビーンズがちょうどそこへ
物資を運んでいると聞いてここを支援することに決めたのです。

IMG_0363.jpg

サイトを見てもらうとわかるのだけど、
受付しているものがとてもわかりやすくて助かる。

【高齢者向け物資】嚥下補助食品(商品名:トロメリン)というように。
嚥下補助食品だけだと、何を選べばいいのか、全然わからなかったもの。

そして、物流ルートも明確に書かれているのだけど、
各地のNGO・NPOがバケツリレー方式で、手をつないで配送している。
現地のニーズからズレないように。

その輪に自分も入れてもらえることに、ありがとう。

IMG_0362.jpg

お店に行くとたくさん、もう物資が届いていた。
そしておしりふきの箱を見て・・あー!!
そうだよね。普通、こんな風に大きな袋のを持ってくよね・・。
ペンギンのかわいいのなんて、必要なかったよね・・・。うー、失敗。反省。

現地でわたしの買ったペンギンくんも何とか現地で
子どもの笑顔に一役かってくれることを願おう。

フェアビーンズの物資受付は今日で終わったので、
また次、参加できるところを探そうと思っているところ。

IMG_0356.jpg

そして、明日で一カ月なんですね。

この一カ月、テレビは今の状況、人の行動など、目で見える変化を伝え続け、
ラジオは今みんながどんなことを考え、どんな会話をしているのか、
目に見えない内側の変化を共有する場であったような気がする。

寄せられたメッセージの内容は時間とともに変化した。
(詳しくはコチラを。)

ちょうど一カ月の明日、わたしはどんな放送をするのだろう。
友だちと会う前に、その日どんな会話をするかまだわからないように、
今はまだそれが見えていなかったりする。

みんなは明日、どんなことを思うのだろう。

あなたは今、何を思っていますか。

言い訳を用意

IMG_0318.jpg

前々回の日記でも書いたけれど、最近はもう受け入れ態勢が整ってきて
ようやくボランティアで現地に行けるようになった人も増えてきた。
わたしの周りでも行っている人は多く、
彼らのことを心から応援しているし、
わたしもできれば自分も行って何かしたい思う。

だけど、そんな「今」だからこそ、
「行けない人へのケア」も最近よく考える。

こないだ、ちょっと機会があって現地に行った友人の話を聞いた。
実際に現地に足を踏み入れた人たちは、
テレビでみた映像以上の悲惨な現実を話してくれた。

そしてその後「とにかく行くべきだ。
ここで何かをしてる暇があったら」と言った。

IMG_0323.jpg

それを聞いたわたしたちは自分たちをまず恥ずかしく思った。
何もできなかった、何もしなかった自分たちのことを。

それで、何とか行こうと考えてみた。
週末だけで、行けるかな。
でも、ペーパードライバーだし。
誰かに連れてってもらう?
誰に?
その間の仕事はどうするの?・・

問題は山積みだった。
そこまで、考えてそんな自分が行くよりも、
自分が行くのにかかるであろうお金を誰かもっと適任者に
託した方がよっぽど建設的な気がしてきた。

そして、自分の無力さにまたがっかりした。

IMG_0324.jpg

そこまでたどり着いて気付いた。
あ、こんな気持ちになってる人が今きっといっぱいいるんだ。

身近な人から聞く言葉はテレビの言葉よりも胸にささって、
自分も何かしようと思うけど、物理的にできない状況で。
ここには家族がいて、仕事が毎日あって。

1週間くらい働かなくても生活できる財力と
それだけ休める時間があるという人の方が
全体を見ると少ないかもしれない。
(もちろん週末だけというスタンスもあるだろうけれど)

だからこそ、彼らを応援したいし、彼らに託したい。
だけど、そんな自分にがっかりする必要はないんじゃないかと思った。

IMG_0331.jpg

わたしが番組を休んで、がれきの撤去に行くよりも、
誰かに託してその活動や思いを番組で伝えた方がきっといい様に、
みんなそれぞれ役割分担。

お母さんが愛情込めて作ったお弁当がその日のお父さんの活力になって
お父さんが経済を動かして、そこで発生した税金が復興へつながるように、
自分の行動は直接つながりが見えにくいことばかりだけど、
繋がっていないものなんて何ひとつなくて。

募金箱の前でそっと手を合わせた小さな女の子の祈りだって
ちゃんと意味があるし、繋がってる。

IMG_0355.jpg

最後に「で、マイカは何をやってるの?」と聞いてきた友人の言葉に
わたしはあの時「うん・・これから・・」としか答えられなかった。

本当は、エルソウル(子どものボランティア団体)で絵本を送ること、
地元のインディーズアーティストとチャリティライブをやること・・
いろいろあったはずなのに、どれも彼らがやってきたを聞いた後では
言えなかった。

でも本当は言うべきだったんだ。
それしか、わたしには今できないこと。
彼らみたいに行けたらいいけど、行けないから
ここで精いっぱいできることをやるしかないこと。

小さな小さなことだけど、
自分のやってること胸をはって言って良かったんだ。

それでもやっぱり現地に行った人からすると、
もっと直接役立つことを、と言われるかもしれない。
「できない」なんて「やろうとしない自分」の言い訳じゃないか、と。

でも、もうそれでもいいんだと思う。
言い訳でいいんだと思う。

自分が今この時を一生懸命、この土地で生活することを選ぶ言い訳を。
毎日を笑顔で明るく過ごすための言い訳を。

自分自身ががっかりしない方法をそれぞれが用意しておくことが
今とっても大切なのかもしれないって思ったんだ。
プロフィール

utsugimaika

Author:utsugimaika
・ラジオDJ
・チャイルドボディセラピスト
・JICA中部なごや地球ひろば 
 オフィシャルサポーター
・Supporter's Support代表
・コップなごや水基金 コーデュネーター
・なんとかしなきゃ!プロジェクト メンバー
・フェアトレードタウンなごや推進委員
 
                  など

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク