スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦富海岸

DSC_0409.jpg
最後は浦富海岸へ。

DSC_0417.jpg
こちらは波が作りだす岩のアート。
思えば今回は自然がおりなすアートに触れる旅だった。

DSC_0427.jpg
波の音がいつもと全然違う。
岩に強くあたるドーンという音を堪能。

DSC_0419.jpg
大充実の2日間でした。

***おまけ***

DSC_0432.jpg
鳥取城跡の前にある仁風閣にも行ってきました。

DSC_0428_20120506083836.jpg
お隣にある鳥取西高校の体育館(?)の土台もかっこいい。

DSC_0436.jpg
明日からまた頑張ろう。
スポンサーサイト

鳥取砂丘

DSC_0300.jpg
前日お天気が悪かったので2日目の朝、リベンジ!鳥取砂丘。
登って行くと・・

DSC_0313.jpg
出たー!砂丘。

DSC_0308_20120505204646.jpg

DSC_0305.jpg
風が作るアート、風紋。

DSC_0321.jpg
他にも昨日の雨が作った自然のアート。
どうしてこんな風になるんだろう。

DSC_0322_20120505204729.jpg

DSC_0346.jpg

DSC_0345.jpg

DSC_0323.jpg
靴を脱いで裸足で砂丘を歩く。
あったかくてやわらかい砂が足を包む。
気持ちいい。

DSC_0326_20120505204727.jpg
時に自分の足跡を振り返りながら進んだり。
なかなか自分の足跡を見ながら歩く事って日常でできない世界だから。
この機会にじっくりと。

DSC_0327.jpg

DSC_0337.jpg

DSC_0335.jpg

DSC_0334_20120505204844.jpg

DSC_0330.jpg
パパ待って〜

DSC_0332.jpg
そこから何が見える?

DSC_0343.jpg
海!

DSC_0368_20120506080543.jpg
鳥取砂丘って砂漠だと思っていたんだけど、
海の砂浜がひろーく広がってる状態なんだね。
だから海に出る。

DSC_0384.jpg

DSC_0365_20120506080544.jpg

DSC_0370_20120506080729.jpg
あ、てんとう虫!

DSC_0403.jpg
パラグライダーをする人たちも。
風をよく読んで身をまかせる。
自然を全身で信じる、感じる。

DSC_0372.jpg

DSC_0373_20120506080727.jpg
人工のものに囲まれて生きているから、
ときどきこんな風に全く人工のものがない場所に
身をおきたくなる。

お腹いっぱい自然を吸い込んで充電完了。
では、最後に渾身のギャグを!

DSC_0314_20120505204644.jpg
デザートでデザート(ー▽ー)w

かにっこ館

DSC_0271.jpg
ノーマークだったのに意外と楽しかったのが「かにっこ館」。
県立の施設なので何と無料。
中に入るといきなりこの人気!みんなよく知ってる・・。

DSC_0273.jpg
海の生き物を触ったりできるので子どもたち大喜び。
とにかく魚たちとの距離が近いのです。

DSC_0279.jpg
おいら、カニだぜ。

DSC_0294_20120505203408.jpg
おいらも、こう見えてカニだぜ。

DSC_0276.jpg
たまにはヒラメもいるぜ。

DSC_0286.jpg
どーん!バルタン星ジーン!

DSC_0287_20120505203410.jpg
あ、子どもが来た。仕事しごと。

DSC_0288.jpg
おいおい、俺で遊ぶなよ〜

なーんて、遊んだあとは・・
DSC_0297.jpg
お隣の市場へ。
すごい。一箱で売ってるなんてー!
これをさばける料理力がほしい。

DSC_0298.jpg
あくまでお魚優先です。
しっぽのために壊された発泡スチロールにキュン。


白兎神社

DSC_0245.jpg
洪水でおき島に流されてしまったうさぎは
ワニザメをだまして海を渡って陸へ戻ろうとした。

途中まで順調に進んできたけれど、
渡りきる前に「ワニザメをだましてらやったぞ」と言ってしまったばっかりに
ワニザメに体じゅうの毛皮をはぎ取られ、赤裸になってしまった。

DSC_0250.jpg
うさぎが泣いているところへ
美しい因幡の八上姫をめとろうと向かうたくさんの神が通りかかった。
意地悪な八十神(大国主命の兄)はうさぎに
「海水で体を洗い、高尾山で風に吹かれながら寝ているように」と教え、
その通りにやったうさぎは痛みが増すばかり。

そこへ今度は大国主命が来て
「真水で海水の塩を洗い流して、がまの穂にくるまっているように」と言い、
うさぎがその通りにすると元の姿に戻ることができた。

DSC_0229_20120505202502.jpg
という因幡の白うさぎのお話の地。

恋人の聖地なんてあるから、何でだろうと思ったら、
実は大国主命も八上姫という美しい姫をめとろうと旅をしている途中で、
うさぎは助けてもらったお礼に大国主命と八上姫の仲をとりもったという話があるのだそう。
そこから白兎を主神とする白兎神社は縁結びの神社として参拝されるようになったという。

DSC_0224.jpg
社務所には結び石という五つのご縁の白い石が売ってあって、
それを鳥居に乗せられると良いそう。

DSC_0220.jpg

砂の美術館

IMG_3160.jpg
鳥取に旅行に行ってきました。

お目当ては砂の美術館。
屋外での砂像の展示はこれまでも何度か行われてきたけれど、
建物の中に美術館という形で展示したのは今回が初めて。
しかも世界初なんだそう。

DSC_0084_20120505195246.jpg
ものすごい雨と風の中、一時間並びようやく中に入ったら
体育館みたいなところに砂像が並んでる…
え!これだけ!?と一瞬思うんだけど、侮るなかれ。

DSC_0166.jpg
これが中に入って間近で見るとすごいのです!

DSC_0089.jpg
この細かさ。人の顔のシワや目の中の光に至るまで忠実に再現。

DSC_0092.jpg
わんこも

DSC_0121_20120505195352.jpg
人もこの表情!

DSC_0120.jpg
しかもこれ、一つひとつの像が繋がっている。
一部失敗してしまうと全部がだめになる。

DSC_0130_20120506130250.jpg

DSC_0137_20120505195437.jpg

DSC_0143.jpg

DSC_0134_20120505195439.jpg

DSC_0156.jpg
そっくりすぎます。エリザベス女王2世。

DSC_0149_20120505195550.jpg
計算しつくされた遠近法。

DSC_0188.jpg

DSC_0195.jpg
のりを一切使わず、水と砂だけで作られた芸術。

DSC_0160.jpg
少しでも触ったり、風が吹いたり、
雨が降ったらとたんに小さな砂のつぶにもどってしまう。

DSC_0150_20120505195549.jpg
その儚さがこのアートをより美しく見せているのかもしれない。

*****おまけ*****

IMG_3151.jpg
この日は風がものすごく強い(しかも午前中は雨も!)中、
鳥取砂丘もちらっと・・
痛い!痛い!!砂がばちばち当たり、
明日戻ってくることを誓い一瞬にして戻ってきました。

DSC_0213.jpg
お昼は近くの鯛喜というお店へ。
海鮮丼!豪快です。
お魚、甘みがあって最高!
プロフィール

utsugimaika

Author:utsugimaika
・ラジオDJ
・チャイルドボディセラピスト
・JICA中部なごや地球ひろば 
 オフィシャルサポーター
・Supporter's Support代表
・コップなごや水基金 コーデュネーター
・なんとかしなきゃ!プロジェクト メンバー
・フェアトレードタウンなごや推進委員
 
                  など

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。