バースデー

IMG_4240_201609271506160ec.jpg
9月16日。
息子は3歳のバースデー。
娘はハーフバースデーでした。
今年は人生で一度だけ二人の誕生日が一緒になる日。

というわけで、パパのお休みの日にあわせて少し早めに
息子の好きな黄色いっぱりのパーティをしました。

IMG_4296_2016092714435704a.jpg
娘には絵本「わたしのワンピース」のうさぎちゃんをプレゼント。
息子はおじいちゃんおばあちゃんからドクターイエローのヘルメットや
トーマス大図鑑を、ママとパパからはハヤブサ・コマチ連結セットをもらって大喜び。

DSCF8259.jpg
午後からは公園へ。

IMG_4295_20160927144356a70.jpg
ターザンロープはいきなりパパに手を離された息子。
この時は笑顔で乗っていたものの、
もちろん端っこまでくると勢いで吹き飛ばされるわけで(笑)

当然、エーン。

DSCF8339.jpg
「ちょっとー。絶対落ちるに決まってるじゃん。何で離すのよー」と言うと、
「別に落ちても良いじゃん。そうやって転ばないように、
落ちないようにってするから、今時の子は弱くなるんだよね〜。」とパパ。

なるほど。確かに。
息子もやめるかと思いきや、泣きながらももう一回と向かっていったりして。
3歳。もう少し強く育てようと思うのでした。
パパの子育ては私が思いつかないことが多くて良い刺激になります。

DSCF8275.jpg
それにしても、3歳なんてずっと先のことだと
思っていたけどあっという間。
これからもすくすく大きくなーれ!
スポンサーサイト

音楽とアート

IMG_4206.jpg
今月のアトリエフラワーチャイルドは音楽とアートでした。
まずは、みんなに小さなピアノが配られて
先生が言う動物の鳴き声をピアノ弾きながら
子どもたちなりに音で表現していきます。

IMG_4207.jpg
その後、5線譜を書いて、
そこに自分の好きな言葉に音階をつけて表現。
息子は「しんかんせーん」という世界で一番好きな言葉を描きました。

IMG_4214.jpg
公園で拾ってきた葉っぱやくるみを貼り付けて
初めて作曲した楽譜が出来上がりました。
すてき!

IMG_4212.jpg
他に葉っぱの絵も描いたり。

IMG_4215.jpg
子どもたちに絵を描く時にどんな風に声かけしたら良いか、
というお話があったのですが、これがすごくて!
私が描いた葉っぱの絵。
最初ひとりで描いていた時のbeforeの写真を撮らなかったのが後悔。
先生の一言で描き方を変えたら、
あっという間に絵が生まれ変わりました。
すごい!すごい!!

やっぱりプロの一言って全然違うなぁ、と感動しました!

お熱の日曜日

IMG_4148.jpg
息子が熱を出してしまって看病の日曜日。
買いそびれてイレちゃんに借りたブルータスの星野道夫特集を読んでたら、
道夫熱が再熱して懐かしい本や写真集をペラペラめくってはぐっときてる。

この人の感性が、撮る写真が、書く文章が、大好きすぎる。

大学時代、彼の本に初めて出逢った時のこと今でもはっきり覚えてる。
下北沢で、遅れてる友だちを待ってる間
たまたま入った本屋さんで立ち読みした本で。
そのまま離れられなくなって買って帰った。
それは初めて本当の自然を知った日。
自分の自然観ががらっと変わった日だった。

いつか彼の見た世界を見るためにアラスカに行きたいけど、
それはまだまだ先になりそう。
それまでこれでもかってくらい予習しとこう。

イヤイヤ期

DSCF8168.jpg
二歳後半はすごく落ち着いていたので
もうここまでくればこっちのもん。
楽になったなーなんて思っていたんですが、
あれはどうやら嵐の前の静けさだったようで。

魔の3歳児と言われるのがわかる。
イヤイヤ期が我が家もどうやら始まってきたようです。
今朝、イヤイヤ期についてのコラムを読んでて気付きました。
ものすごい勢いであてはまる。これかー!(笑)

眠いのに寝れない時のあの自分でも訳わからなくなって
めちゃくちゃになる感じ。
あれが、眠くないときでも訪れるんですよね。
しかも頻繁に。オーノー。
もうスイッチが入ったら最後です。

そして、そのスイッチがどこにあるかわからない。
とにかく自分の思う通りにならないと嫌で、
例えばこないだ夜寝る前に私がトイレ行って流して出てこようとしたら
「ギャー。そうじゃないー!ぼくがしたかったのにー!」
・・え、何が?

もう一度連れてって、
「じゃあやってみ。どうしたかったの。これ?これ?」
と聞いても「ちがうー!違うのー!」と何もかも否定。
「もう自分でも何したかったのか分かってないんでしょ?」
「うん」
「じゃあ、もういいじゃん。行こうよ」
「やだー!!」

そっから何だかんだやりとりすること10分。
結局、自分がとってあげたトイレットペーパーで拭いてほしかったんだ、
となり、それをもう一度再演することで解決。
(それも最初に聞いたけどその時は違うと言ってた)

なんて理不尽なー!
その気持ちはありがたいけど、そんなんわからんやん!!

というようなことが、一日に何度もありまして。
私に余裕がある時なら良いんだけど、
時間がなかったり、娘が機嫌悪かったりすると
それに上手に付き合うこともできず、大変。

これがあと1年は続くのか・・。
がんばろう、わたし。

内緒のおはなし

IMG_4139.jpg
「ぼくの誕生日に、ママとパパにねこじゃらしプレゼントするのー!」
と先週から集め続けてるんですが、今日も保育園の帰りにそれが始まり
いつも10分かけてたどり着く場所まで30分かかりました。

途中でスーパーに寄ったので何とか後半ベビーカーの後ろのステップに
乗ってくれたけど、本当に家に着かないんじゃないかと思った(笑)
おかげでねこじゃらしは山ほど集まりました。

そんな帰り道のこと、
「お家に帰ったらママに内緒の話、教えてあげるね♡」
「え、何なにー?」
「お家に帰ったら!」
「わかった。じゃあ忘れないでね」

・・・で、結局家に帰ったら忘れてて、
思い出したのが夜寝る前。
「あれ、何だったのー?」
「アンマアンマ」
「え?」
「だからー!アンマアンマって言いたかったの!」

何やそれー!!(笑)

わかるよ。むしょうに言いたくなる言葉って確かにあるよね。
でも、それがまさか内緒のお話だとは思ってなかったよ。
むしろあの時言ってても良かったよねw

どんな内緒のお話よりパンチのある内緒のお話でした。
プロフィール

utsugimaika

Author:utsugimaika
・ラジオDJ
・チャイルドボディセラピスト
・JICA中部なごや地球ひろば 
 オフィシャルサポーター
・Supporter's Support代表
・コップなごや水基金 コーデュネーター
・なんとかしなきゃ!プロジェクト メンバー
・フェアトレードタウンなごや推進委員
 
                  など

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク